女をまだまだ謳歌できる機会は不倫 - パート・派遣社員の体験談

女をまだまだ謳歌できる機会は不倫

 今朝も目覚めて着替えをする時にドレッサーの鏡の中で、左胸の膨らみに彼が残した熱いキスマークの刻印が少し色褪せているのを確かめました。三日前の金曜日の夜、47歳の私は20歳年下の彼に初めて抱かれました。

 主人は単身赴任の人で、20歳の大学生の息子と二人暮らしをしていて、息子が高校を卒業して大学に入ると同時にコンビニで週に三日のパートを始めました。そんな私の目の前に現れた彼は、エリアマネージャーのアシスタント的なお仕事をしている人でした。



 まだ青年の面影はあってもちゃんとした誠実そうな人で、短いお話もするようになりました。パートが終わってお茶に何度か誘われて、彼という人を知るようになりました。

「長い髪の女性が好きなんです」と言っていた彼の言葉を覚えていて、その時は軽く肩に掛かる程度の髪を、いつしか伸ばしている私がいました。「いつも後ろで髪を束ねて、デニムを穿いている姿しか知らないから、髪を解いてスカート姿を見てみたいな」という彼の言葉には、ちょっと擽られるものを感じていました。

「休みの日にデートに誘ってもいいですか?」と言ってくれたのは、それから半年後のことでした。私は彼のお誘いを受け止めました。初めて彼の前で髪を下してスカート姿を披露したのがその時でした。なぜだか彼はとても喜んでくれて、私を観察していました。

 少し離れた街まで出て、二人の時間を過ごしました。神社の階段では私の手を取ってくれて、その手の温もりを覚えていました。「黒髪の方がきっと似合うよ」なんて言われてしまうと、それから一週間後には私は亜麻色の髪を黒髪に戻していました。

 彼はそんな私を見て、嬉しそうにしてくれました。手を握るだけのお付き合いが少しずつ進化して、私を抱き締めてくれたり、不意に後ろから羽交い絞めしたり、そして初めての彼とのキスはごく自然にできました。

 彼の柔らかい唇で塞がれて奪われてしまったのは唇だけでなく、私の心も完全に彼に包まれてしまっていました。単身赴任の主人がいること、大学生の息子がいることも、彼には伝えていました。

 それでも自分の気持ちをしっかりと私に伝えてくれ、私もまた彼に対する愛情が芽生えている自覚をしていて、お互いの気持ちが一致していることを知りました。金曜日は彼のお仕事がお休みで、私もパートは入っていませんでした。

 友達と遊びに出掛かるからと息子には伝えて部屋を出て、彼との待ち合わせに向かいました。彼との楽しいデートの時間が過ぎていき、人の気配のない場所では何度もキスを交わしていました。

 彼の車の戻った時に、私の手にそっと自分の手を重ねて来た彼は「真紀さんを抱きたい」と熱い視線と言葉で私に伝えていました。こんな日が来ることは私の中ではもすでに承知の覚悟の上だったことは否めませんでした。

 少し躊躇いはありましたが「息子に電話を掛けさせて」と私は言っていました。それが彼への答えでした。車の中で息子に電話を掛ける時には、彼はずっと私の右手を握っていました。息子のスマホに電話を入れ「あ、私・・お友達と一緒なの。夕食も食べて帰ろうということになったから、

少し遅くなりそうなの・・大丈夫かしら?」そんな電話を掛けている時にも、彼は隣で私の手をぎゅっと握っていました。分かったよ、と息子はひと言だけの返事でした。電話が終わると、彼は車は郊外のホテル街へと向かいました。

 もうかなり長く利用していないホテルは私にとっては不要のものだったのに、彼の隣でホテル街に入った時には、妻でもなく母親でもない、自分がひとりの女に戻っている自覚を感じていました。

 彼に優しくエスコートされて静かな部屋に入り抱き締められると、誰にも気にすることなく女の気持ちで抱き締め返していました。「一緒に風呂に入ろう」と彼に誘われて恥ずかしがって最初は拒みましたが、

 彼の言葉に負けて入ることとなり、お互いの服を脱がし合い、ブラやパンティまで彼に脱がされて、私もまたしゃがんで彼のトランクスを脱がしてあげていました。軽くシャワーを浴び、お互いの体を洗い、湯船に浸かる時には私は彼の脚の間に入って、背後の彼から密着されていました。

 腋の下から彼の両手が胸の膨らみに達すると、彼は束ねた髪の私のうなじに唇を当ててきました。久しぶりに感じる女の心地良さが蘇り、胸の膨らみを揉まれてしまうと、目を閉じてさらに女を感じ、指先で乳首を挟まれてしまえば「あっ・・あん」と女の声を漏らしていました。

 彼の右手が私の下半身に達しそうになって「ここじゃ、嫌よ」と制すると、湯船を出てタオルで拭い、私を抱き上げてベッドまで運んでくれました。ベッドで私の上に重なった彼は、「コンドームは好きじゃないんだ・・外に出すからいいよね」と私に問い掛けて来て、私はその時にはもう彼を全面的に信用していましたから「約束してくれる?」と
小指を差し出し、私の指切りに応じてくれました。

 彼の愛撫は的確で、女をよく知っている気配がありました。私の弱い部分をすぐに探り当て、そこを集中的に愛撫したり、恥ずかしいお手入れした腋も足の指も、彼は丁寧に愛してくれました。

 こんなに愛されたことは今までにないほどに、時間を掛けて彼は私の女の反応を楽しんでいました。彼が私の両脚を開かせて下半身に顔を埋める時には、もう女のすべてを露わにして彼の愛撫に期待して委ねていました。

 彼の舌も適格に這い回り、外側からじっくりと舌を動かし、恥ずかしい縦の亀裂に沿って舌を舐め上げて開いていき、内側の花弁まで左右に開いて、ついに最も敏感な蕾まで達すると、私は女の声を躊躇することなく静かな部屋の中に放っていました。

 女の部分を愛されてしまえばもう自信がなくなるほどに乱れてしまい「ああっ・・そ、そこ・・いやっ・・ううっ・・はう・・」必死に襲う快感に耐えていても、限界がありました。

「真紀さん・・ここ可愛いよ」なんて言葉を耳にしてしまえば、もう溶けてしまいそうな快感が急上昇して、彼の舌の先端がそっとヴァギナの内側に挿入される時には、呆気ないほどに私は女の頂点に導かれていました。

 彼の硬く反っているものを愛してあげると、「すごく上手だよ」と褒めてもらって、妙に恥ずかしい気分でした。彼が私の脚の間に入り、位置を決めて腰を進める寸前には「いいね」と確認してくれて、私は目を閉じたまましっかりと頷いていました。

 彼の硬いものがヴァギナの入り口からゆっくりと挿入されて、内部で体温を感じてしまえば、私は彼の背中を抱き締めていました。彼のリズムと強弱をつけるテンポが私の相性といいのか、私のヴァギナも体も彼に馴染んでしまい、子宮に届きそうな奥まで硬いものの先端が達してしまえば、もう女の声を制止することは不可能でした。

 全身で反応を繰り返し、彼のリズムに合わせてしまえば、また違った女の頂点まで達することは簡単なことでした。約束通りに、彼は私のお腹の上に盛大に多量に放ちました。ティッシュで拭い取ってくれ、私の女の部分も丁寧に優しく拭き取ってくれました。

 彼の温かい腕枕の中で心地良い久しぶりの懐かしい余韻に浸れている女の時間は、幸せな時間でした。彼は最初の記念だと言って、私の左胸の膨らみを吸い上げて、熱い真っ赤なキスマークを残しました。それが許せるほどに私は彼を好きになっていました。

 一度だけでも肌を重ね合った関係になって、今日は会えないけれど彼のことばかり考えています。私に女の時間と体を取り戻させてくれた彼には感謝しています。これは婚外恋愛というものでしょうか。

 20歳も年下の彼を好きになってしまった私は、もう後戻りはできない覚悟です。誰にも話せない秘密の恋で女をまだまだ謳歌できる機会を与えてくれた彼に巡り合えて、今は女としての幸せを感じています。

↓他のHな体験談を見る

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ホームへ