俺はマンションの管理組合の会長に選ばれてしまった - 社会人の体験談

俺はマンションの管理組合の会長に選ばれてしまった

 一人暮らしなので、できないって言っても、順番だからっておばさんたちに押し切られてしまった。最初の仕事が、マンション敷地近辺の違法駐車に対する警告ビラをワイパーに挟み込むことだった。

 これがまた、夜中にやるって言うんだな。たまんねえよ。俺、朝早いのにさ。そこんとこは考えてくれて、休みの前、つまり金曜の晩遅くに副会長の奥さんと回ることになった。風呂に入って、湯冷めしないように厚着にして待っていた。


【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 ピンポ~ン♪来た来た。「はい」「横山です」副会長さんの奥さんの声がドア越しにした。旦那さんは単身赴任中だとかで、今は一人だそうだ。俺は、チェーンロックを外し、奥さんを招じ入れた。「肌寒いですね」と俺。

「もう秋ねえ。こんな時間にごめんね。会長さん」「明日、休みっすから。ほんじゃ、行きましょうか」「これ、ビラね。今日もたくさん、停まってるわ」「そうですか。困ったもんですね」俺は、車を持っていないので、余計に腹が立つんだな。

 それにしても、この横山さんっていくつぐらいなんだろ。五十は超えてるはずなんだけど、どうみても四十代半ばって感じで、すらっとしたパンツスタイルが似合っている。ぴちっとした、お尻をふりながら、ヒールの高いツッカケを履いて、カツカツと先を行く。

 ヒョウ柄のシュシュでポニーに束ねて、それが軽快に揺れていた。通りに出て、曲がり角の端から十二、三台は停まっているだろうか、順にビラをワイパーブレードに挟んでいく。ふと、横山さんがぼくの袖を引っ張った。

「な、なんです?副会長」「ほら、あのクルマ」指さす方を見れば、何やら人が運転席で動いているようだ。女の生足が、一瞬、見えた。「やってる・・」咄嗟に俺は理解した。「ね。ちょっと覗いてみましょ」大胆な奥さんである。

「や、やばいっすよ」「いいじゃない。会長さんも好きでしょ」そんなこと言われたって・・ベルファイアという大き目のワンボックスで、カーセックスするには十分大きな車である。フィルムは貼っていないので覗けば丸見えだった。

 若い男と女が助手席のシートを倒して正常位で嵌めあっているところだった。長いストロークで男が夢中で抽送していた。女のくぐもった喘ぎ声が高まった。「ああん、あん、あん」横山さんは、大きな目を開けて、口まで開いて、覗いていた。

 俺も結合部分に目が釘づけだった。俺は正直、女性経験が数えるほどしかない。その内の九割は商売女だった。彼女というべき人は、できかけて、理由もわからずに破局した。さて、件(くだん)の男の性器は自分のよりも立派に見えた。

 顔は暗くて見えないけれど、あそこには街灯の明かりがちょうど差し込んで、スポットライトにように映し出されている。突然、男がびくびくっと痙攣したように震えて、突っ伏すように女に倒れこんだ。女も一段と大きな声で叫んだ。

「逝ったみたいね」しゃがれた声で横山さんがつぶやいた。「行こうよ。見つかるとやばいから」俺の喉もカラカラだった。二人はそっと、車から離れた。あとは、無言で残りのビラを挟んでいった。マンションの非常階段にところまで戻ってきたとき、横山さんが、

「すごかったね」「え、あ、まあ」俺は、答えに窮した。「会長さんは、彼女いるの?」「いませんよ」「だったら、あんなの見て、今晩、つらいんじゃない?」あやしく横山さんの瞳が光った。「だったら、ひとりでするだけっすよ」俺はぶっきらぼうに答えた。

「してあげよっか」そう聞こえた。「え?」「だからぁ、あたしが会長さんのお相手をしてあげようかって」「いいんですか?俺、構いませんよ。うれしいなぁ」「こんなおばさんで悪いけど。あたしだって、たまんないもの」「でも、どこで?」

「あたしんちに来なさいよ。だあれもいないから」深夜のエントランス。横山さんと二人きりでエレベーターに乗り、最上階の7階で降りた。都心の夜景がきれいだった。横山さんの部屋はその一番奥だった。

「どうぞ」「おじゃましまーす」間取りは、俺の部屋とずいぶん違っていた。端(はし)の部屋は俺の部屋より二倍くらい広いようだった。モデルルームのような、洗練された調度品が整然と並ぶ。きれい好きなマダムの部屋って感じだった。

「ビール飲む?」缶ビールのロング缶を手に、キッチンから出てきた。「いただきます」イタリア製と思われるテーブルの上で、グラスにビールが注がれた。「いい部屋ですね」「端なんでね。二人じゃ広すぎて。今、一人でしょ。もてあましてんの」軽く乾杯のポーズをとって、ぐっとグラスの半分くらい飲んでしまった。

「ご主人、単身赴任だとか、言ってましたよね。こないだ」「そうよ。シンガポールにね」「海外ですか」驚きの表情で俺は答えた。「たぶん、現地妻なんかがいるのよ」不機嫌そうな表情で横山さんが言う。

「まさか」「ま、いいじゃない。あたしだってしたいことしたいじゃない。ねぇ」ニッといたずらっぽく、横山さんが笑いかけた。「さ、飲んで。明日、休みなんでしょ?」「い、いただきます。はい」「でも、あんなところでするかぁ?ふつう」横山さんが、あきれ顔で訊く。

「事情があるんでしょう。家でできないとか、ホテル代がもったいないとか」「あはは、不倫かもね。あたしたちみたくね」「ほんと、いいんですか?俺なんかと」「いいのよ。会長さん・・山本さんが、良ければね」「俺は、光栄ですよ。横山さんみたいな熟女のお誘いを受けられるなんて」

「よしてよ。熟女にはちがいなけど、もう腐りかけよ」そう言って、グラスを干した。「でもしたいんでしょ」意地悪く、俺は訊いてやった。「したいわ。若い人と」立ち上がると、俺の座っている方に回り込んできて、首に抱きついてきた。

 もう、誘惑モードに入っている。「尚子(なおこ)って呼んで」「なおこ・・じゃ、なおぼんだね」俺は、別れた彼女が「奈緒美」で「なおぼん」と呼んでいたので、そう呼ばせてもらうことにした。

「何?それ。まあいいわ。山下さんて、下の名はなんて言うの?」「崇(たかし)です」「じゃ、たかし君。ベッドに行こう」「うん、なおぼん」「なんか変ね。その呼ばれかた・・」小首を傾げて、横山さんは立ち上がった。ダブルベッドなどホテルでしか見たことがない俺は、戸惑ってしまった。

 明かりは調光器でやや暗めに設定していた。間接照明で壁際が明るい。尚子さんは、さっさとクリーム色のブラウスを脱いで、ベージュの下着姿になった。「わお」「どうしたの?めずらしい?」怪訝そうに尋ねる。

「いや、俺、正直、女の人のそういう姿あまり見ないんで」とかなんとか・・「変な子。経験ないの?もしかして」ベッドの縁(へり)に尚子さんは腰かけて訊く。「いや、ありますよ」自信無げに俺は返答した。

「ふふふ。強がり言って。じゃね、おばさんが手ほどきしてあげるから。脱いでここに横になりなさい」もう、さっきから勃起していた。尚子さんの化粧品の香りで、理性が吹っ飛びそうだった。女とやれるんだという、得も言われぬ期待感でいっぱいだった。

 トランクスの腰ゴムを一気に下げ、その雄姿を尚子さんに見せた。「あら、すごいじゃな~い。びんび~ん」あまり自慢できる代物ではないけれど、人並みだとは思っているので、どうどうと仁王立ちになった。

「どうですか?俺の」「申し分なし!さ、ここに横になって」俺は言われるがままに体を横たえた。尚子さんは、ブラを取り、ショーツも足から抜いた。けっこう、たっぷりとしたバストである。かがめば、ぶらりと揺れるほどの。陰毛は濃く、情熱的に見えた。

「じゃ、ごめんあそばせ」そう言って、俺の横に滑り込んできた。「触っていい?」尚子さんがうかがう。「どうぞ」細い、長い手指が俺をまさぐる。竿を握り、包皮をいっぱいまで下ろしてくる。カリの角をなぞり、先走りの液を表面に塗り拡げてくる。

 なんとも慣れた手つきで、そういったお商売をしてたのかと勘ぐりたくなった。「舐めてあげる」「えっ?」「なんで驚くのよ。してもらったことないの?」「ヘルスでは・・」「そんなとこ行ってんだ。やらしい子」そう言いつつ、ぱくりと先端を咥えこんだ。

 その温かさと、柔らかさでさらに俺は硬くなったようだった。「ああん、おっきい・・それに、かったぁい」なんだか絶賛してくれている。悪い気はしない。べろべろ、じゅぼじゅぼと激しく扱われ、かなり危ない状況だった。

「奥さん、俺・・」「奥さんじゃなくって、なおぼんでしょ?どうしたの?もうだめ?」俺は、首を縦に振って、限界を知らせた。「一度、出しちゃいなさいよ」口の中へ出せというのか?それならそれでいいやと思った。

 尚子さんの妖艶な表情、その淫靡な唇が俺自身を咥えているのだ。もうだめだった。「なおぼん、いぐっ!」長い射精感が続いた。尚子さんには悪いが、一瞬、奈緒子の顔が浮かんだ。どっくどっくと液体がペニスを通過している。

「うほっ」尚子さんが、むせるような声を出しているが、目をつむってすべて受け止めてくれている。口の角から、どろりと白い粘液がこぼれだした。手を当てて受ける尚子さん。「むあぁ、いっぱい・・」あろうことか、脱いだショーツに吐き出した。

「なおぼん・・そんなとこに出してどうすんの?」俺は訊いた。「ティッシュが間に合わないから。いいのよ。洗うし。でも、すごい量ね。溜まってた?」「まあ、あまり一人でしないから」「あらら、小さくなっちゃった」射精後は無残にちぢんでしまって、陰毛の影に隠れてしまっていた。

「ちょっと、うがいしてくるね。キス、いやでしょ?このままじゃ」「はあ」賢者モードの俺は、気のない返事をした。俺が回復するまで、ベッドの中で、天井のシャンデリアを見ながら二人でしゃべっていた。

「じゃ、その奈緒子さん、ほかに男がいたんだ」「そうじゃないかなって、思うんだけど、確かめようがないんだよな」奈緒子と別れた経緯を話していた。「二股って、あると思うよ。女にとっちゃ、保険をかけておきたいからね」「男も同じだけど」

「あたしさ、旦那と結婚する前に二股かけてたんだよ」「へえ」「その人、遊び人だったから、堅実に今の旦那の方を取ったの。結婚してからも何度か会ってたな」「ひどいな。なおぼんは」「あたしもそう思う。でも最近は、旦那のほうが赴任先で何をしてるかわかったもんじゃないわ」

「お互い様ってわけだね」「ま、ね」俺は、馬鹿話を止めるために、尚子さんの口を奪った。「あ、む」やや乱暴な接吻だったけれど、直に尚子さんのペースで舌をからめとられた。他人の唾液が甘いと感じたのは初めてだった。

 再び激しく勃起していた。「ね、クンニしてくれない?」「いいけど、上手じゃないよ」ぱっくりと開かれた陰唇に俺は口を持って行った。獣性を感じさせる熱い香りが立ち上る。決して嫌な匂いではない。

 どう舐めていいのかわからず、膣の周りと思しい部分を舌先でつつき、押し広げた。「あふっ。いいわ」それでも、尚子さんは賛美してくれた。「ここも、お願い」そう言って、クリトリスの部分を自分の指で広げた。

 俺は、そのくちばしのような器官を唇で挟んだ。「ああん!」声が大きくなった。気持ちいいのだろうか?唾をためて、その突起に擦り付け、たっぷりと潤して舐めあげた。「きゃん!」仔犬のような声が発せられた。同時に、びくびくと内股が痙攣した。

 逝ったのだろうか?「もう、入れてっ」尚子さんがとうとう、おねだりしてしまった。俺は、浅い経験でなんとか亀頭を膣口にあてがい、正常位で腰を入れた。ズボリと尚子さんのあそこは、俺を軽々と根元まで呑み込んだ。

「あ~ン、入ってきたぁ」ちょっと緩いかなという印象だったが、なんのなんの、だんだん締ってきて、ぎゅうぎゅうと締め付けてくる。「お乳を、かわいがってくれる?」俺は、従順にかわるがわるその柔らかい、わらび餅か水まんじゅうのような器官を揉み、乳首を甘噛みした。

 そうすると、膣もひくひくと震えだし、俺を離さないという意志でもあるかのような動きを呈した。「いいわぁ。とっても」「なおぼん。とても締るよ。あそこ」「あたしにもわかるの。ぎゅっと締めてる感じが。ね、動いてもいいのよ」俺は、ピストン運動をおろそかにしていた。

「じゃ、動きますよ」ずん、ずんと最初はゆっくり、だんだん早く、音がするくらいに激しく打ち付けた。「はうっ!ううっ、やん、いっくう、いっちゃう」尚子さんの中は、ますます滑らかになり、溢れ出さんばかりだった。

 その発する音も、耳障りなくらい大きくなった。俺のペニスは泡立つ粘液で白くなって、尚子さんから出てくる。「いい?なおぼん」「いいっ。いいっ!」「中で出すよ」「出してっ、いいから、ちょうだいっ!」

 一度出して長持ちしている俺だけれど、ここまでよがられると、その視覚的な要因でオーガズムに登り詰めそうだった。尚子さんの歳なら妊娠の可能性は皆無なのだろう。尚子さんの足が俺の腰を挟み込み、もっと奥へ突いてくれと言っているようだった。

 俺は尚子さんの口に舌を入れてかき回し、腰は振りながら、死にそうなぐらい運動した。汗が、玉になって、尚子さんにぼたぼたと降りかかる。腰を持ち上げ、屈曲位で深く突き刺した。「うああああ、なおぼ~ん」俺は、大爆発した。

「うぎゃ」尚子さんは顔をしかめてのけぞった。抜けた膣口から噴き出す精液。ぼこっと音を立てて大きな泡が膨らんで割れた。二人はそのまま朝までベッドで眠りこけ、俺は初めて女の家で朝を迎えた。

 その後、なおぼん夫妻が引っ越すまで関係は続いたけれど。今は俺も結婚して、かみさん一筋、二児のパパになった。
関連記事


↓他のHな体験談を見る



TOPへ