自転車を修理して頂いたお兄さん - 主婦・人妻の体験談

自転車を修理して頂いたお兄さん

 角地に新築し お隣は人の良い老夫婦で良かったと思っていました。家を建て今まで以上に残業ばかりの主人は 夜はダメになってしまいそれでも頑張る主人に感謝をしていました。

 元々年上好きでムキムキな男性が好みだった私でしたが、優しい真面目な主人に惹かれ、年下で痩せてる主人と結婚しました。春頃隣の老夫婦の家にムキムキで、ちょっと強面の男性がそとで洗車をしていました。



 親戚かなと思ってると 離婚した息子さんらしく44歳で少しの間実家へ戻ってきたようでした。その後数日後に息子の自転車がパンクをし困ってると「この辺自転車屋さんないから 俺が直してあげるよ持っておいで」と言われ

「あっはい」と私は自転車を持って隣の車庫へ行くと、バイクが3台置いてありました。手際よく直してくれるのを見てると筋肉のかたまりのような腕と胸板にドキドキしてると

「おねえさん、バイクは好き?俺はバイクと車が未だにやめられなくてね」と話しかけられ、40近い私をおねえさんなんてさすが年上とさらにドキドキし、バイクは親に止められたけど昔は乗りたかったのでそれを話すと

「こんど後ろに乗るかい?おねえさん可愛いから俺の好みだよ、俺は本能しかないから気を付けてよ」と笑って言われ
「今度後ろに乗せてください。じゃぁお礼に私に乗ってください」とふざけて言うと強面のお兄さんは「えっ」とオドオドして「おねえさん面白いね」と言われ修理が終わりました。

 それから私はお兄さんが外にいると話しかけバイクにも乗せてもらいました。ムキムキの身体を触り放題で、遠くまで行き信号で止まってると向かいにラブホがあり「寄っていい?」と言われうなずきました。

 お隣さんとの浮気とムキムキの身体に燃えてしまい、激しいセックスに乱れっぱなしで、終わってアソコがヒリヒリしたのは初めてでした。終わってお兄さんのムキムキの腕枕で寝ているとキスをされ再び挿入されました。

 バックは息も出来ないほどの激しさに「出してそのまま出して」と中出しを許し奥でピクピクする彼に惚れちゃいました。時間がないのでホテルを出ました。途中で休憩したときは地方だったので、腰を抱き寄せられべったりくっついて休憩し

「2回も出したけどまだしたいよ、最高に燃えたなぁ」と言われ嬉しくなりました。それからもバイクに乗せてもらい 激しく彼に抱かれて帰宅する生活が続きましたが、お兄さんが引っ越すことになり関係が終わりそうです。


↓他のHな体験談を見る



ホームへ