エロへの興味も老いていくのか - おじさんの体験談

エロへの興味も老いていくのか

 50代も半ばを超えてみると、体力的な衰えを感じないわけにはいかなくなるものですね。自分もこの歳になり身をもって実感するまでよくわかっていなかったのだと思います。ただ、街を歩く女性の太ももやお尻を眺めていると、

 萎えていた分身がやがてムクムクとしてくるので、まだ大丈夫!とか言い聞かせもするのですが、刺激としては一時的なもので元気になった、と思えるほどではありません。まあ、ごく普通の日常だと思います。


【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 ある日、知り合いの奥様を車で福岡まで送る機会があって、鹿児島北インターから高速に入り、九州道を一路北上しました。取引先の社長の知り合いで、40歳くらいの美しい女性でした。

 なにより、ミニワンピから伸びた脚が艶めかしくて、話してる間も、沈黙の時間帯も、なにやら分身がモゾモゾしっぱなしでした。実に3時間近くもですね。それから、艶めかしい脚の女性を車に乗せて走る快感を覚え、そんな女性を物色するのが習慣になってしまい、出会いで知り合った人妻を中心に車に乗せてしばらく楽しんでいました。

 ある時、いい気分で人気のない展望駐車場に停車した車の中で、沈黙が訪れたのをきっかけに、やはり出会いで知り合った人妻でしたが、肩を引き寄せ勢いでキスしてしまいました。

 背骨に電流が走るような快感に包まれ、そのまま人妻の下着を脱がせ陰部を貪っていました。運転中に適当に快感を得ていた分身は元気いっぱいに人妻を貫いて喘がせながら、絶叫の中、存分に果てることができました。

 それからの出会いは、艶めかしい脚の人妻を車の中で抱くことに目的が変わり、抵抗されても無理やりに犯し続けています。ベンチシートのワゴン車に乗り換え、下着も履かずに、分身を取り出しやすいズボンだけを履いて、

 ムードも大切にしますが、タイミングを逃さないように、一瞬の隙に唇を奪い、下着を押し下げ、分身を取り出すのと同時に獲物の脚を持ち上げ、とにかく挿入してしまう。

 出会いで知り合った人妻は、ドライブの間に必ず濡れています。濡らすような会話をしてるのは確かなんですが、やはり期待もあるのだと思います。人妻の着衣は、生挿入して奥を掻きながら、ゆっくり脱がせるのですが、挿入されるとそうそう抵抗しなくなるものです。特に掻きだし始めると人妻は快感を得ようと大人しくなります。

 瞳を見つめると潤んだようになっていて、嫌がってないのが見て取れると嬉しくなりますね。乳も取り出し感触と匂いを堪能しながら、とにかく貪り続けます。今年は暑かったので着衣は皆さん薄かった。おかげで、元気に夏を過ごせました。
関連記事


↓他のHな体験談を見る



TOPへ