酔いつぶれた新入社員を頂きましたが - 会社員の体験談

酔いつぶれた新入社員を頂きましたが

 俺は28歳会社員。社内には数十名の女がいるが。どいつもこいつも不細工だったりで出会いなんてなかったが、春に新入社員で3人女の子が入社した。その中でダントツ可愛いのが結衣(仮名)だった。

 初々しい感じ、おっとりした雰囲気、無邪気な笑顔が最高に可愛く男共は虜になった。そんな中新入社員の指導を任され俺は丁寧に教えていった。結衣は仕事覚えもよくすぐに慣れた。話すようになり家が近いことがわかり帰りが遅いときは車で送ったりするほど仲良くなった。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

 新入社員の残り2人の内1人は辞め1人は仕事に慣れた頃、違う部署に配属され俺は申請し結衣を部下にした。結衣の歓迎会を開くと男は全員参加し結衣に言い寄った。結衣には帰りは送るからと話しておき、酒を飲ませ結衣も疑いもせず楽しみながらお酒を飲んだ。

 だいぶ時間が経つと結衣はフラフラになり、俺は結衣を抱えて抜け出し一部同僚は変なことするなよとチャカしながら見送る。俺は車の中でこっちを向いて寝る結衣にキスしおっぱいを揉む。柔らかく弾力のあるおっぱい。

 勃起しながら体を触りまくり、結衣のアパートへ行くと鞄から鍵を出し部屋に入れる。初めてみる部屋。綺麗に整頓されいい匂いがした。結衣を寝かせ服も脱がすとたわわなおっぱい。乳首を吸うと微かに喘ぎ声を上げた。

「ん…あ…」下も脱がすと驚きのパイパンマンコ。触るとツルツル。足をM字に開き記念に1枚写真を撮る。そのままマンコを舐めると1日の汗とマン汁が混じりいやらしい匂いと味。無理矢理口にチンポを入れたっぷり濡らし生で挿入すると結衣は無意識にシーツを強く握り声を出した。

「あぁ…うっ…はぁ…いっ…」顔を見ていたかったが電気を消してセックス。突いていると結衣は朦朧とはしていたが意識が戻り始めた。「んっ…あんっ…気持ちいいよぉ…あんっ…んっ…」俺は体位を変えバックで突きアナルを指で擦りながら激しくピストン。

「ああっ!だめっ!イッちゃう!いくっ!いくっ!ああっ!」結衣は崩れるように頭をベッドにつけ放心。そのまますぐ寝た。俺は意識のない結衣を上にして騎乗位で突き上げた。結衣は先程とは違い意識がなくたまに喘ぐ程度。

 抱きしめながら中出しした。結衣は全く起きずスヤスヤと寝息をたて、月明かりで見える可愛い寝顔を見ていていつの間にか俺も眠っていた。朝、先に起きたのは結衣だった。驚くのも無理ない。目を開けたら目の前に上司がいて裸同士でしかもまだ挿入状態。

 理解できず動こうとしたことで俺も目を覚ました。朝立ちがプラスに働き、俺は軽く下から突く。「あんっ!」結衣は咄嗟に喘ぎ声を出しすぐに手で口を塞いだ。「覚えてる?」結衣は首を振る。「昨日しちゃったよ?」「うん…何となく…うん…」

「毛がないからビックリしちゃったよ!」「やだぁ~…恥ずかしい…彼氏の趣味で…」「俺とエッチしたのやばい?」「やばい…かも…でも彼氏でも仕事始まってから全然会ってないしバレなければ…」「そっか…でも昨日良いって言うから中に出しちゃったけどそれも大丈夫?」

「えっ?!嘘っ?!」「ホントホント!たっぷり出しちゃったよ?!」結衣は暴れるように起きあがりチンポを抜くと数滴精子が滴り落ちた。「えぇ~…やだぁ…どうしよ…」「出したのは俺だし責任は取るよ?」「ホントですか?!でも彼氏…」

「会ってない彼氏は彼氏じゃないでしょ?別れちゃいなよ!俺が幸せにするからさ!」結衣は頷いてマンコに指を入れ精子を出した。俺は朝立ちが続いていたので結衣をゆっくり寝かせた。

「結衣…」キスしながら挿入。生は抵抗があるのか手で俺のお腹を触るが気にせず奥に入れた。ピストンを繰り返した。「結衣…出していい?」「中?」「うん…幸せにするからさ…」「う~ん…」煮えきらない返事の最中に俺は中で発射。

 ピュッピュッと精子が出る中腰を振り続けマンコを味わった。出し切り結衣に抱きつくと結衣は笑顔でキスの嵐。そのままイチャイチャした。シャワーを浴び裸でご飯を結衣は作り休みだったこともあり、俺たちは何度も交わった。

 数ヶ月後、結衣の妊娠がわかり俺たちは婚約。社内からは、だいぶブーイングが出たが祝福された。

↓他のHな体験談を見る



ホームへ