気分がいいと挿入OKしちゃうヘル嬢の告白

 千葉某所のヘルスで働く22歳の女です。私の働くお店は完全に本番はNGなんですが、たまに私が気分の良い時はヤッちゃう事があります。相手によりけりなんですけど(笑)その相手というのは、大体30代くらいの外見がモテなさそうで大人しい人。それにアソコのサイズが小さい人かな。

 そういった人って大概は完全に受け身だったりドMだったり・・。私はそんな彼らがたまらなく愛おしく想えてしまって、つい本番しちゃうんです。初めはもちろんマニュアル通りにリップサービスするんですが、最後は素股かフェラのどっちかを相手に選んでもらいます。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 そして、素股を選んだ人の上に乗って私のアソコにオチンチンを擦りつけるんですが。私は気付かないフリをして挿入しちゃいます。お客さんは挿入した瞬間、顔つきや反応が変わるので気付いたのに私は分かりますが、大抵の人は注意したり拒否ったりしません。

 むしろお客さんから腰を動かしてきて、私に黙ってそのまま中に出してきます。そしてお客さんがイッタ事を表情やオチンチンの萎え具合などで察知した私は、白々しくお客さんに「素股じゃ、イケそうにない?」とか言って一旦お客さんから降りてフェラをしてあげます。

 素直に中で出したと宣言するお客さんも居ますが、殆どの人は打ち明けません。なので私は、出しだばかりのお客さんのオチンチンを時間いっぱいまでフェラしてあげます。たまに2回戦とか出来る人もいますが、みんな勃起するのはするけどイカないまま終了時間を迎えます。

 そしてお客さんの帰り支度する時に私は「ごめんね。気持ち良くさせれなくて・・」と言うと、お客さんは少し戸惑いながら「大丈夫。」って言って帰って行きます。その時のお客さんの表情が私にとって可愛くてたまりません。最高に萌える瞬間です。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ