❤男性が怖くなりどうしたらいいんか

 4月に青森から名古屋の大学に来ました。高校時代はすごく田舎で、男性と付き合うなんてことはテレビの中での世界だと思っていました。ましてや、男性に体を触られるなんてことが平然と行われるなんて怖くて仕方がありません。

 私は女子学生だけのマンションに住みました。大学で紹介された物件です。大学までは地下鉄で1本、15分くらいです。その地下鉄で痴○に遭いました。初めての経験です。




 そう混んではいなかったのですが、3人の男性に囲まれてしまいました。さりげなく手が当たって来るのはわかっていましたが、当たってしむのだと思っていました。すると、スカートの上からお尻をつかんで来たのです。

 私はびっくりして手を払いのけようとしたその時、前にいた背の高い男が手の平の甲で胸を強く推したのです。さらに横にいた人は、スカートの前から手の平の甲で股間に触れてきました。

 頭の中が真っ白になり、体が動かなくなってしまいました。胸を触った男はジャケットの中に手を入れ、ブラウスのボタンの2つ目を外して指を入れ、ブラジャーの中に入れてきました。

 怖くて気が遠くなりそうでした。あと二人の男は、スカートの中に手を入れてきましたが、ペチコートにガードルをはいていましたので、下着の上から股間を強くこすられただけで終わりました。

 本当に怖かった。乳首を触られ、すごく気持ちが悪くなり、その日は大学の図書館でずっと泣いていました。次の日、車両を変えたにもかかわらず、3人の男が私に近づいてきました。脚が震えて逃げられません。

 誰にも見られたくないという気持ちが強く、じっと我慢するしかありませんでした。私は万が一のため、ボディスーツを身につけ、ガードルとパンストという完全防備でしたので、直接肌に触れられることはありませんでした。

 それでも怖くて何もできません。そして最近、一人の男が同じ大学生だと知りました。ニヤついて話しかけてきて「お前が痴漢されてるところの映像をユーチューブに投稿してやろうか?嫌なら言うことを聞け」と言われ、学食で隣に座られスカートの中に手を入れてきました。

 ガードルの中に強引に指を入れてきました。「周りに知られていいんだな」この言葉にもう何もできませんでした。食事を終えると、駐輪所の陰に連れて行かれ、」そこでキスをされ、ガードルの上から手を入れてきて、指を入れられました。

 すごく痛くて私は悲鳴をあげて、逃げ出しました。これからはジーンズにします。そして地下鉄ではなく、自転車で通います。でも、あの男が近づいてくると何もできません。これからの学生生活をどう送っていいのか怖くてなりません。



↓他のHな体験談を見る