★開店資金を作るために風俗バイトの人妻

 溜まっていたし、オキニとHしたくて悶々としていたオキニの子が休みだったのでネットで人妻店を検索「初回限定価格」「写真指名無料」と書かれていた店に電話してみた。

 店の対応も良く、好みを伝えると35歳の女性を勧められた。待ち時間は30分と言われたのに女性は現れない。ホテルの電話が鳴った。店からだった。「申し訳ありません。今すぐに伺います」俺は眠ってしまっていたが、結局一時間待ちだった。




「まさみです…どれくらい待ちました?」実年齢は32歳だそうで顔は、まぁまぁネイルサロンを開くために働いていると聞いた。シャワーを浴びてベッドでは彼女に委ねることにした。

「何が好きなの~?」「エッチすること」「それはダメですよ…」まぁ、そうだろうな~と思いつつ「じゃあ、口でお願いします」ゆっくりキスをしてから唇は乳首、へそ…と下がっていく。

 アソコを触りながら舌を上手く使って感じさせる。遂に口でアソコを舐めてくれた。20分くらい舐めてもらっただろうか…「凄い…想定外!」俺も久しぶりに自分のアソコがカッチカチで熱く、デカくなっているのを確認した。

 俺はもう、我慢できなくなりまさみを再度口説いた。「ダメかなぁ~?」「お客さんとはHしたことないの…」そう言いながら、まさみはゴムを俺に手渡した。ゴムを着けるとローションを塗り、上に乗って入れてきた。

 ゆっくりゆっくり奥まで入った。「入っちゃった…」ゆっくりグラインドしてたが俺はもう、夢中だったまさみを押し倒し奥まで突いた。「きゃ…」って言ってたが構わず突きまくる。キスをしながら突きまくる。

 まさみも俺にしがみつき声にならない声を…これは俺のクセなんだが、発射する時はゴムをしていても外に出してしまう「ありがとう…優しいんだね」ゴムを外しても俺のは元気だった。

 シャワーを浴びてもギンギン「うふふ…まだ、時間あるよ」まさみもマンザラではなかったのか?膝をつき、丁寧にフェラをしてくれた。「ここで良い?」まさみを立たせて立ちバックした。

 今度は生だったので、さっきより早く果ててしまった。まさみの口に受け止めてもらった。あれから半年まさみは店を辞めてネイルサロンを開いた。今は時々、旦那に内緒で昼間に密会している。



↓他のHな体験談を見る