.
.
.
.
.

❤鍼治療で先生がした行為に疑問が

女性のHな告白や体験・男性のHな告白や体験を集めて掲載しています。エロな告白や体験談も掲載!
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2017/11/26(日)
 マッサージでは無いのですが・・体の歪みから来る全身のコリを取る為に、私は鍼治療に通ってます。先生は60後半の白髪の素敵な紳士です。その先生の鍼の腕は素晴らしく、鍼治療を受けながら眠ってしまうときも有るほどです。

 通い始めた先月頃は、緊張していることもあり、さほど性的な意識をすることは無かったのですが、先日 不覚にも2回に渡って感じてしまいました。それは、毎回施術の時に必ず行うツボのマッサージにおいてです。

* いつも 鍼を打つときにそのツボをマッサージしてほぐしてから鍼を打ってくださるのですが、先日は そのマッサージの時からムズムズと悪い虫が動き出しました。
 
鍼を打つ場所は主に
◆ 手の親指と人差し指の間。
◆ 足の甲
◆ 内ふくらはぎ
◆ 内腿
などです。

 先生はいつも私をベットに寝かせ、背中から抱くようにしながら 私の手のツボをマッサージし始めます。その時から 私に触れそうなくらいに近づいた先生の体の温かさが伝わってきて・・

 そして その吐息と かすかな消毒薬のような匂いにドキドキしはじめていました。私を抱き込むような形でマッサージをしながら・・先生の手は肘まで移動します。

 性的な興奮をにわかに感じながら・・私は先生に愛撫されているような錯覚に陥りました。次第に私を揉みほぐす手は足の甲に移り・・体勢を仰向けに変えさせられながら 膝の横まできました。

 その瞬間 股間がビクンとするような感覚を覚え・・私は 自分がいよいよ性的な感覚を強く意識し、より強い刺激を求めていることを知りました。

 そうなるともう、意識はイヤラシい感覚に支配されて・・先生の手をいくら待っても来るはずのない股間に意識が集中して、なんだか勝手に焦らされているような切ない気持ちが湧きはじめ・・

 更に自分が 濡れ始めている事に気付き・・恥ずかしさと もどかしさに どうして良いか解らなくなっていきました。そんな事を先生は知ってか知らずか、そのまま手をゆっくりと移動させ、内腿にさしかかりました。

 その時に私はついつい腰を浮かしてしまい、先生に催促をしているような格好に『ハッ!?』として 私は 先生の顔を見てしまいました。目が合い、先生は その時に何かを感づかれたようで・・

 少し困った顔をして笑い私は本当に恥ずかしくて、恥ずかしくて・・前回 鍼治療を終え逃げるように家に帰った私でしたが、家につくと あのイヤラシい感覚が胸から離れません。

 先生の事を思うと胸がギュッと苦しくなり、どうも好きになってしまったようで・・食事をしてても お風呂に入ってもボ~ッとしてしまって・・先生の今日の行動を順に思い出しながら・・またドキドキして変な妄想を・・

 そしてやはり濡れてしまいます。ティッシュでパンティの中の粘液を拭います。その夜、寝付いてすぐに夢をみました。先生にエッチな治療をされている夢です。先生はすごく私に興奮されていて、治療と称して私を犯す夢・・

 その時に 寝ている私の股間に衝撃が走りました。ズキンッ!ズッキン!ズッキン!イッてしまったんです。寝ていただけなのに・・こんな事は初めてでしたので、ビックリして目が覚めました。

 女の人でも そんな事あるんですね。すごい衝撃で、股間の痙攣は十数秒続いたのではないでしょうか・・その後、朝までにもう一度 イヤラシい夢を見ました。先生とセックスしている夢でした。

 私は 非常に感じていました。腰を波のようにクネラセて、先生の腰に密着させるように撃ち付けていました。こんなに必死に撃ち付けているのに、刺激が足らないのです。もっと欲しくて欲しくて溜まらなくて・・泣き出しそうになっています。

 切なくて、切なくて、欲しくて、欲しくて、そう思っているときに うっすらと目が覚めました。夢だと気が付いても 尚、切ない感覚と 興奮は残っていました。目が覚めても 欲しくて溜まらなかったんです。

 私は指で その場を治めました。2本の指を深く入れて 数秒も経たないうちに、波に呑まれてしまい溺れてゆくような感覚が・・夢の体験でもう既に限界に近づいていたのでしょう。

 私は自分でもビックリするような聞いたことのない低い声で唸り声をあげてしまいました。朝起き抜けに、2回の自慰・・こんな事初めてです。あまり自分でした事自体が無かったのですが“その日はもう”…とゆうより“その日以来数日は”我慢が出来ずに何度も・・

 そして 自分ですればするほど、先生のことが恋しくなって・・次回の診療までは 一週間の日にちがあります。私は 我慢しきれず、体のコリが酷いとゆう嘘をついて医院を訪れることにしました。
 
 数日後、医院の戸をくぐる時には些かの緊張がありました。診察券を出し、名前を呼ばれ診察室に入ります。先生との対面・・心臓が『ドキンッ』と音を立てました。

 先生の顔を見ると恥ずかしくなりました。好きで溜まらないのです。先生を前に「ここ数日 体のコリが酷くて・・」とゆうのがやっとでした。先生はいつもと変わらぬ様子でした。

 前回の施術時に 私が性的に感じていたことなどは、忘れてしまったか、もしくはハナから気付いていなかった様子です。それに反して、私はここ数日の欲求がまたムクムクと頭をもたげ始めていました。

 先生に軽く触れられただけで、変な気分になってしまいます。膝の横あたりを押して貰っているときにはもう、かなり濡れていました。私は 先生に気付かれるかも知れないとは思いながらも、足を何度も摺り合わせずにはいられません。

 股間が もういつでも刺激を求めていました。足を 擦り合わせることで紛らわそうとするのですが、全く満足が得られるドコロか むしろ逆効果です。私は独り密かに悶えていました。

 先生の反応を見ている余裕もなくて、そんなとき先生に声をかけられました。『今日は 内臓の冷えを治すツボを押しましょう。』私は「え?」と思いながらも 先生の言われるとおりに仰向けになり、お腹が見えるようにセーターと上半身の下着を上にずらしました。

 すると更に 先生は大判のバスタオルを私のスカートの腿の部分に掛け、ウエストの部分に手を掛け下にずらして下腹が見えるようにしました。私は驚き少し慌てました。どこまで 衣服をズラして見られてしまうのか心配になったのです。

 言うまでもなく下着はヌレヌレです。内心パニックでした。結局、下半身のスカートと下着は 毛の生えているかろうじて少し上あたりまでズラされてストップしました。ふと先生を見ると、私に笑いかけられました。

 今思うと ちょっと意味ありげにも見えました。おへその下を探るように押し始めます。最初は 変な感じでしたが、その優しいタッチに 気分もゆるみ・・更にまた イヤラシい興奮が頭をもたげ・・すっかり感じていました。

 先生にすがってお願いしたい気分でした。このまま 抱きしめて激しくセックスしたいと欲情していました。明らかに 顔は紅潮していたでしょうし、目が訴えていたと思います。泣き出したいくらいでした。

 と、その時!先生の三本の両手指が、スカートの脇から直に私の毛の生えている部分をわざとか偶然か微妙なニュアンスで数回押したのです。私は思わず身を固くしました。
 
 その時・・ピックン、ピックン、軽いオーガズムを感じました。イッてしまったのです。それは非常に軽い感覚でした。でも確かに私はイキました。その時、診察室にいることも何もかも忘れて、すごい気持ちのいい顔をしてしまいました。

 その後は何がなんだか解らない状態で、いつも通りの施術を受けて帰りました。未だにあの先生の行為に疑問が残ります。ワザとだったのか、偶然だったのか・・


↓他のHな体験談を見る


この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人がおすすめする「出会い系サイト」です。異性との出会いは待っていても天から落ちてきません。自分が求める出会い種を検討してサイトに訪問して下さい! 又、登録は無料ですので全て登録して試すのも宜しいかと思います。管理人より良き出会いを願っています。(18禁)
PCMAX
サクラがいないサイトをお探しの方必見!会員数800万人突破!!
登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ワクワクメール
手軽に出会いやすい上にサクラゼロ♪

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ハッピーメールバナー ハッピーメール
理想の恋人、結婚相手をハピメで探そう!(18禁)

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり

.
.
.
.
.

 | Copyright © Hな告白や体験談ブログ All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.