お気に入りのデリヘル嬢が辞めた

 人妻デリヘル店で働くユマ、美人人妻30歳、店を辞めるまでの間に月一回のペースで呼んだ。メアドも交換していたので、予約を入れる時には事前にメールも欠かさなかった。

 待機場で嫌がらせをする先輩がいること、本番させろとしつこい常連客がいること、俺が指名してやるからお前が生活できると言う勘違い男、ホスラブで中傷されていること。



【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 ユマは借金返済して、デリヘルを辞めることを決意し入店して6ヶ月後、本当に辞めることになった。最後の出勤日には一週間前から予約していた。逢う前日に店長から電話が入り「前田様…ユマさんの都合で予約時間が2時間早くなり、お遊びの時間も60分コースとなりますが…」仕方ないからOKした。

「最後のお客さん、前ちゃんにしてもらったの…」その日はキスだけして、お喋りして60分が過ぎた。「今日は時間ある?大丈夫?」「あるよ…」「事務所に一旦戻るけど、メールするから、ここで待ってて」

 30分後にユマからメール「これから行くから待っててね…」サプライズ~店のHPで彼女が辞めることを告知していたので、かなりの問い合わせがあったらしく、嫌な客からも予約があってユマも客を選び
大切に扱ってくれた3人とだけ逢ったらしい。

「前ちゃん…最後は無料スペシャルサービスだよ(笑)」シャワーを浴びてからキスをして「ユマちゃん…最後にHしたい」「スペシャルサービスだよ」ベッドでアソコを触られただけで気持ちよくなった。

 69して、直ぐに硬くなってしまった。「もう、入れたい!」ユマは仰向けになり、微笑んで「中に出さないでね…」ゆっくり入れると子供を産んでいる割に締まりも良く、小さな喘ぎ声で俺に抱きついてきた。

 20分位耐えれただろうかユマの胸まで精子が…「あたたかぁ~い」そういってキスしてくれた。ユマは今、携帯会社のオペレーターをしている。カワイイ声だからピッタリだ。去年は5回、一緒にゴルフしてその後、ホテルでHした。今年は何回、逢えるかな??



↓他のHな体験談を見る