良き日であったクリスマス

 職場の近くにある居酒屋、建物は古いが、綺麗なママの愛想も良く繁盛している。会社から近いので呑み会は、ほとんどこの店、ママからは「お兄ちゃん」と呼ばれているのだが、店で働いているアヤも「お兄ちゃん」と呼んでくれる。

 アヤは再婚した母親との関係が上手く行かず、別れた母親の妹夫婦が経営している居酒屋で働いている実家は旭川にあり、居酒屋の近くの古いアパート暮らし



【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 去年の12月半ば、店にアヤの姿がない「ママ、アヤは休み?」「風邪…さっきアパート行って食事届けてきたの」何気なくアヤにメールしてみた。

「大丈夫か?」「ううん…死んでる」「死ぬ前に何か欲しいものある?」「ポカリとリンゴ」「じゃ、アパートの玄関先に置いておくゎ」「うん」軽く呑んだ後、玄関先に置いてきた。

 翌日にお礼のメールがあり、数日後に再度メールがあった。「お礼にクリスマスプレゼントしたい…」と「じゃ、お礼にデートでもしてもらうかな」「うん。パスタ食べた~い」結局、僕のオゴリだったのだが、パスタとピザを美味しそうに食べていた。

 食事を終えて、車でアヤを送る時に「寄ってく?」冗談半分でホテルに誘うと、黙って頷くアヤ「いいの?」「うん…実はちょっと期待してた」綺麗なホテルで喜ぶアヤ

「彼氏と別れてから久しぶりかも…」「そうなの?」「うん。今日はね、カワイイ下着してきたの」「キスしていい?」「キス、好きぃ~」立ってキスしてブラウスを脱がすとカワイイ下着。

 胸は小ぶりだけど形も良くて乳首も小さくて綺麗でした。シャワーを浴びて部屋を暗くしてベッドイン、舐めてあげるとカワイイ声「お兄ちゃん気持ちいい…」「僕のチンチンも触ってよ」「舐めてもいい?」「じゃ、舐めて」

 丁寧に舐めてくれたお陰でギンギンになって「凄い…お兄ちゃんの固くなったよ」「入れちゃう?」「ゴム付けて入れてください」締まりも良くて最高~してる最中も「お兄ちゃん、気持ちいい…お○っこ出ちゃう」途中で抜くと潮吹きでした。

「恥ずかしい…でも、気持ちいい」アヤとのクリスマスは最高でした。店に行くと照れくさいですが(笑)



↓他のHな体験談を見る