モデルのアルバイトが本番

 聞いて下さい!ひどいの。オトナってほんと、やり方がキタナイんだから。ま、あたしがコドモだったってことかも知んないけど。



 高3になったらバイトしようって、それは初めから決めてたの。で、どんなのがいいかなって、あれこれ探してたんだけど、モデルの募集してるの知って、ちょっと応募してみようかなって思った。

 だって、ハンバーガーショップなんかでバイトするのと違ってカツコいいし、もしかして将来、本格的にそっちの方面で活躍するっていう可能性があるわけだし、そんで、行ってみると、それが下着のモデルなのね。 えーっ、て思った。

 プロポーション、自信ないわけじゃないけど、下着姿じゃね。どうしようかモジモジてると、担当の男の人に、最初はだれだってこういう仕事から出発するんだって。

 言われて、そう言われればそんな気がしてきて、はい、わかりました、なんて、結局OKして、そんで、じゃ、いつからですかって聞いたら、今すぐってんだから、もう、ビックリしたね。


「応募してきてすぐ仕事してくれるんだから、バイト料、ふんばつしちゃおう。あんたのプロポーションがグーだったら、もっとほずむよ?」

 なんて言って、ポン~ンと、手の切れるような1万円札、15枚もくれて。いやー、嬉しかったわ。正直言って、だって、ファーストフードとかのバイトだったら、何日、いや、何ヵ月働かなくちゃなんないのかしら、なんて、頭で考えている内に。

 面接した事務所の奥がスタジオになってて、ソファーとか色とりどりのランジェリーが用意されていました。

 「よーし。まず、美沙ちゃんが1枚ずつ服、脱いでくところから行ってみよう」

 面接の時に一番上役みたいだった男の人が監督で、もう一人がカメラをかまえて、あとの一人が照明の係をやって。

 「ほい。実沙ちゃん、じや、制服のブレザー脱いじゃって」 監督の人がそう言って、演技みたいなのつけて。

 照明がまぶしいし、早くもシャッターの音がパシャパシャして、なんか、催眠術にでもかったような気がしてた。おまけに、監督が、

 「はいはい、それも脱いじゃって。うーん、きれいな肌だ。ピカピカ光ってるよ。あー、いいねー、ブラジャーがおっぱい、ぴっちり包んでて、最高にいいね。官能美ってやつだ。うんうん、健康なエロチシズムだね」

 なんて、めいっぱいほめてくれるんで、一段落したかなって時、ふと気づくと、あたし、ブラジャーも取っちゃって、ショーツ一枚になってた。うそっ、あたし、モモをすぼめてカラダ隠しました。ショーツ姿だって、いきなりなんて思ってもいなかったから。

「うん。これだけきれいな体してんだから、下も行ってみようか。はい、美沙ちゃんのパンティ、見せて」って監督さん。

 「今日はダメです。汚れてますから」

 あたしはそう言ったんですけど、そこに集中的にライト当てられて、シャッターの音がまたパシャパシャ鳴って、監督さんが、

「あ、いいね、いいね、そのアングル、すごくなまめかしいよ。とても高三の女のコとほ思えない色気だね」

 とか言ってほめて、そしたらなんか、自然にマタが開いちゃって・・・。

「いいよ、いいよ。よーし、じや、いっそのこと、それも脱いじゃって、全オープンと行こう。バイト料、はずむよー」
 とか言われて、結局あたしはオールヌードになっちゃったんです。

 あたしがそうなると、今度は普通のカメラじゃなく、ビデオカメラで撮り始めました。そして監督さんが、いろいろHっぼい(つまり、セックスしてるみたいな)

 ポーズ、つけてきて、あおむけの格好でマタを聞かせて、下から撮ったり、四つん這いの格好で、ヒップを高々と上げさせられ、それを後ろから撮られたりしました。

顔面発射まで撮られて15万円

 これはヤバイ仕事だと知ったんですけど、もう、乗りかかった船だしと、あたしはカクゴを決めてました。でも、次に、監督さんが、あおむけになってオナニーして、と言ってきた時、さすがにあたしは嫌だと、はっきり言ったんです。

 そしたら、照明係をやっていた若い男の人が〝オトナのオモチャ″を持ってきたんです。そういうのがあるのは知ってましたけど、使ったりしたことはありません。え? うそ、うそ、と思っているうちに、その人、ビ~ビビ~つてスイッチ入れて、クリちゃんに押し付けて。

 「あっ、イヤッイヤッ!」ってあたし、叫んでいました。

 バイブレーターの刺激があんまり気持ちよくて、頭のてっぺんまでビリビリ痺れちれゃって。だから「イヤ」じゃなく、本当は「イイ」ってことだったんです。すっごく気持ちいい振動に、あたしが身動きもできないでいると、バイブレーターを持たされました。

 それでオナニーしろっていうんです。とても途中でやめられるような雰囲気じゃなかったんで、エーイ、マ~イイカと、あたしは初体験のバイブレーターオナニーに没頭しました。

 それは強烈な快感で、たぶんあたしは2分としないでイッちゃったんじゃないかと思います。アクメに達したあたしがバイブレーターを投げ出してぐったりしてると、おっぱいとかデルタとか、触れられて・・・。

 えっ! と思って目を開けてみると、照明の人とカメラの人が裸になってあたしに襲いかかろうとしてるんです。

 「イッ、イヤッ!」

 監督さんに助けを求めようとして、見ると、監督さんはマジな顔をしてカメラを操作してます。こりやダメだと思いました。セックスしようと目を血走らせてる男ってのがどれだけ強いか、あたし、知ってるんです。1年半前に、2人の男にレイプされたからです。

(仕方ないから、ケガさせられないようにだけしよう)あたしはまたカクゴを決めました。

 「そうだそうだ。美沙ちゃんはものわかりがいいぞ。これはいいモデルさんが来てくれたもんだわ。礼ははずむぞ」
カメラを操作しながら、監督さんが言いました。

 あたしはしばらく、おっぱいと性器を愛撫されました。そこはやはり、その道のプロです。手と口と舌とバイブレーターでペッティングされたということもあり、あたしはあっけなく、2回目のアクメに体をケイレンさせてました。

 それから二人に四つん這いにさせられ、一人の巨チンをフェラさせられ、そしてもう一人に、バックからソーニューされました。腰づかいもまた本格的にプロなので、10分としないで3回目のアクメ。バックソーニューの男が背中に熱い体液を放出したと思ったら、フェラの方が口から抜いて顔面発射だもん。

 その一部始終をビデオに撮られて。結局、あたしがもらった〝モデル料″は15万円。でも、今、あたしすごく後悔してる。あのビデオ、裏ビデオとかってやつで、世間に出回るんじゃないかって。あれのどこが

 「下着のモデル」なのってイカッてるんだけど、ひどいと思いません?



↓他のHな体験談を見る



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ