.
.
.
.
.

❤8年経つと夫婦の営みもマンネリ

女性のHな告白や体験・男性のHな告白や体験を集めて掲載しています。エロな告白や体験談も掲載!
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2017/10/18(水)
 私31歳既婚3人子持ちのオバサン。旦那とは結婚して8年経つけど、ハッキリ行って超マンネリ。子育ても大変だし、家事とか、親戚付き合いとか・・皆もよく考えて結婚した方がいいよ(^^;)独身の方が楽よ。

 結婚した現在も男友達がいて、旦那に内緒でメールしてる。特にKは中学からの同級生で独身時代にもよく遊んだ仲なの。Kは性格はいい奴なんだけど不器用っていうか、全然もてないんだよね

* でも私の相談とか乗ってもらったりして・・だから、早く彼女出来ればいいね~なんて、メールをしていた、ある日。Kに彼女が出来たというメールが!6歳下のカワイイ子で、同棲する事も決まっているらしく、私ビックリしちゃったの。

 と、同時に何か嫉妬しちゃった・・昔、一時的だけど、Kのこと好きだったの。とりあえず、良かったね、おめでとう!今度遊びに行くよ!ってメールしたの。Kの実家と私の家って近所で、近くのコンビ二とかでよく会うんだ。

 旦那が子供連れて実家に帰った日、私は久しぶりに一人でゆっくり出来る~って思いながら家でくつろいでいたらKからメールが。内容はKの彼女が同棲する事に迷っていて、ゴタついていて悩んでるみたいなメールだったので久々にKに電話した。

 Kもその日は休みだったみたいで、いろいろ話しているうちにKの実家の部屋(Kの実家は地主で、離れにKの部屋があるの)で飲む事になったんだ。夜になってKの家に行ったの。Kは遠距離の彼女と同棲するのを楽しみしていたのに、急に彼女が同棲するのを考えさせてと言われて、すごく悩んでた。

K「俺、どうしたらいいか・・彼女、同棲するの踏みとどまって、俺との付き合い自体考えたいっていうんだ・・」本当にKは落ち込んでた。こんなKを見るのは初めてだった。なんかその彼女がうらやましかった。下心もあったのかも・・

 酔った勢いもあって、Kを抱きしめながら私「大丈夫、私がいるから・・」といいながらKにキスしちゃって・・Kも驚いてたけど、拒まなかった。男ってホント、拒まないよね。普通のキスがディープになって、

 私とKの舌が音を立てて絡み合い、長いこと旦那とHしてなかった私はKの腕を自分の胸へ持っていったの。こうなったらとまらない。Kは私の胸を激しく揉みながら、私を押し倒して・・耳や首筋を愛撫されながら、2人とも全裸になっていった。

 Kはチューチューと子供みたいに私の胸に吸い付いて私も感じまくった。で、だんだんKの頭が下半身にきて、パンティーの上からKが舌を立ててクリちゃんを突っついてきた私「あ・・ん、K、気持ちいい・・」

 K「すごい濡れてるよ、キミエ・・舐めてもいい?」するとKは濡れたパンティーを脱がせ、Kの舌の全部を使ってクンニしてきたの「イイっ・・K、もっと舐めてえ~」って叫んじゃった。

 Kのおちん○んもギンギンで、ガマン汁が出まくってたから、69の形になってKのもフェラしてあげたの。Kは我慢できなくなったみたいで、バックで挿入。Kはガンガン突いてきて「いい!Kのおちん○ん気持ちいい~~!!!」って絶叫しちゃった。次に騎上位。

 私が腰を振るとKは顔を歪めながら手で私のクリちゃんをつまんでた。最後に正常位になってKは私の中に大量の精子を出して果てた。私はKとH出来て良かったけど、Kは彼女に対する後ろめたさがあったのか、終わった後は無言で、最後まで私と目を合わせなかった。

「じゃあ、またね。」私もKの部屋を去った。今日の出来事は、Kと私だけの秘密にしなきゃ・・その後、Kは彼女と同棲し、数ヵ月後に結婚したんだって。


↓他のHな体験談を見る


この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人がおすすめする「出会い系サイト」です。異性との出会いは待っていても天から落ちてきません。自分が求める出会い種を検討してサイトに訪問して下さい! 又、登録は無料ですので全て登録して試すのも宜しいかと思います。管理人より良き出会いを願っています。(18禁)
PCMAX
サクラがいないサイトをお探しの方必見!会員数800万人突破!!
登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ワクワクメール
手軽に出会いやすい上にサクラゼロ♪

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ハッピーメールバナー ハッピーメール
理想の恋人、結婚相手をハピメで探そう!(18禁)

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり

.
.
.
.
.

 | Copyright © Hな告白や体験談ブログ All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.