.
.
.
.
.

★一人旅で体験した廃れた町の混浴

女性のHな告白や体験・男性のHな告白や体験を集めて掲載しています。エロな告白や体験談も掲載!
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2017/10/09(月)
 それは今から2年前、僕が大学4回生の夏休みの事でした。3回生後半からスタートさせた就活が終わり、時間に少し余裕が出来た為、僕はとある地方に一人旅に出る事にしました。そしてそれは、その旅の道中で行った出来事でした。

 僕は、その日泊まる宿を決めずに旅に出たものですから、夜、どこか宿がないか歩いて探し廻っていました。その地方は、自分の予想以上に廃れており、なかなか宿らしき建物も見当たりません。

* もしバイクで来れば、都心部の方にも出れたでしょうが、僕は一度、ローカル電車でのんびりと旅がしたいと思っていたので、乗り物もありません。タクシーやバスも見当たらない。僕は時間が経つにつれ、だんだんと不安になっていました。

 そして、それは歩きさ迷いう事約2時間半の事でした。ほとんど人気のない山奥に、一軒の古びた銭湯を見つけました。さま迷い歩き、また、真夏でしたので、体中も汗まみれでした。僕は近くにいって札をみると、温泉であることが判明し、そうと分かると一目散に入る事を決意しました。

 ちょうど午後11時前でした。ガラガラ!と扉を開けると、番台におばさんが座っていました。僕はおばさんに「まだ、やってますか?」と尋ねると、本当は開店時間は午後11時までだが、よいとの事だった。

 すると僕はお金を支払い、脱衣場で脱ぎ始めました。そしていざ温泉へと木の扉をガラガラ~!と開けると、そこには、60代くらいのおばさん二人が居ました。えっ、おばさん!?

 僕は一瞬何がなんだか分かりませんでしたが、次の瞬間、おばさんのうちにの一人が「ここ、混浴やで~。」といった。僕はハッ!と驚きを隠しきれずにいた。正確には共同風呂というらしい。そして60代のおばさんたちは地元の人で、よくここに来るのだそうだ。

 僕はしばらくタオル一枚を股関にあてながら、呆然と…。するとおばさんのうちのもう一人が「にいちゃん、ええ体してるなぁ~!」といった。僕「そ、そんなこと…ないですよ。」僕は、どちらかというと体育会系で、体格に恵まれている方だと思っています。ちなみに身長は185cmです。

 ずぅ~と立っていると、体が冷え始めてきたので、早く風呂に入ろうと、おばさん二人のいる風呂の中へ、僕もタオルで股関を隠しながら参入。するとその時、おばさんのうちの一人が「ここは、タオル付け禁止やで~!」といった。

 えっ!?思わず、声が出る僕。そして僕は羞恥さながら、仕方なくタオルを風呂の外に置いて、風呂の中へ…。その時、おばさん二人は、僕の下半身を見るなり、思わず顔に手をあてていた(ように見える)。

 そしてようやく湯に浸かる事が出来、フゥ~♪と至福の時間を満喫していると、おばさんのうちの一人が「火照りそうやから、先上がるわ~。」と、もう一人のおばさんにいい、立ち上がった。

 その時そのおばさんのおっぱいは丸見え。ぼよん!と、少し垂れたおっぱい。がとても大きな乳房。今でもよく覚えている。僕はその時は、思わず目をそらしたが、一度見てしまったものはなかなか脳裏を離れない。

 僕は頭に血が上がると、徐々に大事なトコまでもが大きくなり始めてしまったのでした。僕はウッ!!まずい…。動揺した。すると残っていたもう一人のおばさんが「どうしたん?」と尋ねてきた。

 僕は「いっ、いや…なんでも…。」というと、そのおばさんは僕の方へ近づいてき、僕が、んっ?と思った瞬間でした。おばさんは「おぉっ、えらいおっきぃな~。」といって、なんと僕のモノをギュッ!と握ってきたのでした。
僕は思わず、ハゥッ!と声が出ました。

 その瞬間、自身の体の毛が逆立つ感覚に襲われました。おばさんは、僕の竿を掴むと、親指と人差し指で、僕のカリ付近もごにょごにょと弄くっていました。

 おばさんは「あぁ、すごい。あんたぐらいの歳の子のモンて、皆こんな硬いん…?」と尋ねてきたので「さ、さぁ…ど、どうでしょ…。」僕の頭の中はほぼ真っ白でした。

 名前も知らない、会ったばかりのおばさんに、自分の元気になったモノをさすられているという、とても非現実的な光景。おばさんは、にやにやと少し意地悪な顔をして笑っています。僕がある程度、抵抗しても、お構い無し。

 おばさんは、それでも僕のモノを弄くるのを止めようとはしません。おばさん「もうカチカチやぁ~。笑」そして、僕が悶々としているのを察したおばさんは、もう片方の手で僕の手を取り、それをおばさんの胸に持っていきました。

 半ば強引でした…。しかし、おばさんの胸は僕が今までに味わった事のないくらいに柔らかく、大きなものでした。そして、おばさんさらには両手で掴みとり、ごにょごにょと!と、僕のモノをすり立てました。それは、この世のものとは思えないほどの快感でした。

 おばさん「これ、気持ちいいやろぉ~?」それからは、特に何もなく普通に風呂に入っていましたが、人間とは怖いもので、それまでは眼中にもなかったおばさんが、この旅で出会ったおばさんにより、僕がおばさんフェチになった事は言うまでもありません。

 あの手のテクニックは、未だに忘れられずにいる今日この頃です。


↓他のHな体験談を見る


この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人がおすすめする「出会い系サイト」です。異性との出会いは待っていても天から落ちてきません。自分が求める出会い種を検討してサイトに訪問して下さい! 又、登録は無料ですので全て登録して試すのも宜しいかと思います。管理人より良き出会いを願っています。(18禁)
PCMAX
サクラがいないサイトをお探しの方必見!会員数800万人突破!!
登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ワクワクメール
手軽に出会いやすい上にサクラゼロ♪

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ハッピーメールバナー ハッピーメール
理想の恋人、結婚相手をハピメで探そう!(18禁)

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり

.
.
.
.
.

 | Copyright © Hな告白や体験談ブログ All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.