私は極々普通のOLなんですが良くアレされます

 ルックス的には色白で栗色の髪にたれ目の甘い顔がやらしそうって言われるちょっぴりおっぱいの大きめな普通の女の子です。そんな私は電車通勤をしているのですが、よく痴○に遇うんです。

 その日はトップスはピンクのニットに、膝丈のタイトスカートとちょっと体のラインが強調された服装でした。窓際の隅で立っていたら、いつものように徐々に私のまわりに複数の男性が取り囲むように集まってきました。




 満員電車でも無いのにいつも私に密着するように男性が集まるんです。友達は「お前がエロそうだからだよ」と言われるのですが私には自覚が有りません。そうしているうちに、一人が私の背中のラインに沿って指を添わせてきます。

 私の体はとても敏感で、ちょっとした刺激に体が反応してしまうため、つい腰をくねらせ甘い吐息が漏れます。それを合図とばかりに複数の手が私の体にまとわりついてきました。

 ひとつの手は、ニットの上から乳首の乳輪を人差し指で撫で回すように。もう1つの手はスカートの上からプリっとしたお尻の形を確めるようになど様々です。私も私なりに抵抗しますが、複数の男性の力でねじ伏せられ、いつもいいように体を弄ばれます。

 お尻を触っていた手は次第にスカートをたくしあげ、パンティを丸見えにされました。その日の下着は白を基調としたレースのランジェリーで私の白い肌を際立たせていました。男性たちは、私の体を舐め回すような目で観たあちむパンティを後ろから引っ張りあげティーバッグの様にしてきました。

 私の大きめなお尻は強調され、男性たちに突きだす体勢に。1つの指が引っ張られたラインの筋に沿って触ってきましま。お尻の穴からオマ〇コ、クリトリスの上をゆっくりゆっくりと。敏感な体の私はその刺激に耐えられず徐々にいやらしい愛嬌液があふれでてくるのを感じました。

 男性たちも、そんなはしたない私の秘部にくぎづけのようで、視線が集中します。パンティにいやらしいシミができると、もう1つの指がそこをめがけて指をグリグリ、もう1つの指はクリトリスを円を描くように触ってきます。

 今度は前をむかされ片足を持ち上げられると、一斉に複数の指がクリトリスを堪能するかの様にパンティ越しに責めてきます。クリトリスが弱い私は何度も何度も絶頂を迎え愛液は太ももをつたうほどに。「いやらしく腰をくねらせて、誘ってるのかい?」

 男性の問いに、そんなわけない、あなたたちのせいでこんなになってるの、と反論したかったのですが、ニットの中に手の侵入を感じ、ブラの上から乳首を摘ままれ、また腰をくねらせてしまい、男性たちを誘うかたちになってしまいました。

 ニットがたくしあげられ、プルんとした柔らかい胸が露になりました。ブラ越しに感じていた手は直接乳首を摘まむようになり、徐々に舌でこねくりまわす方まで出始めました。

 次第にパンティは脱がされいやらしい私のあそこが姿を現しました。私のあそこは綺麗な桜色でいつも処女のようだと言われます。複数の指が遂にオマ〇コへ侵入し、その刺激から私の口から「や、ん…あん…」と甘い声が漏れます。

 目の前では私をオカズに自慰を始める男性も多数みられます。痴○たちにいいようにされていると、体にブーンと振動音が聞こえました。そう、複数のローターが目の前に現れクリトリスめがけて責めてきました。

 こんな刺激に、いやらしい私の体は耐えきれず何度も何度も絶頂を迎え痴○たちを喜ばせてしまいました。そうこうしているうちに、到着駅が目の前に迫り痴○たちは一斉に私の体への愛撫をやめ始め身支度を整えます。

「今日もいやらしかったよ」私の体は男性たちを虜にするようです。明日もまた、痴○たちに付き合わないといけないみたいです。



↓他のHな体験談を見る