よっぱらった妻に悪戯

 40すぎてから良く二人でバスツアーに参加するようになった。旅館の夕食は、大広間で、全員が一斉に食事をする。飲み物は個人で支払うので、好きな飲み物が頼める。

 その時は、前に座っていた男生徒話しが合い、部屋のみをすることになった。結構歩き疲れたのか、お風呂上がりのせいか、妻も、結構飲んで、酔いが回ったのか私の横で私に寄りかかりながらウトウトし出した。




 男性が、ニタニタしながら、妻を覗き込んでいる。浴衣の合わせから、胸のふくらみが見えているためだ。旅の恥はかきすてでもあり、1泊だけの付き合いでもあることから、男性にサービスをしようと思いつき、浴衣の、エリを引っ張ると、左の乳房が、もろに見えた。

 二人で、声を殺して笑いあった。私は部屋の電気を消すと、当麻を、布団に運んだ。気がついた妻に、もう男性は帰ったと嘘をつき、妻の胸に手を入れて、揉み出すと、寝ながらも妻の手が、私のパンツの中に手を入れてくる。

 チンポを探り当てると、咥えてきた。浴衣をめくりあげると、自分からパンツを脱ぎだした。片足を抱えるようにして、男性に、妻の秘部を見えるようにした。最後まで妻は気がつかなかったようだ。



↓他のHな体験談を見る