.
.
.
.
.

★女性とのチョツトした出会い

女性のHな告白や体験・男性のHな告白や体験を集めて掲載しています。エロな告白や体験談も掲載!
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2017/09/29(金)
 数ヶ月前、暇つぶしを兼ねた買い物に車で駅ビルに行って、買い物を済ませてお茶でも飲もうと歩いていると、エスカレーターから下りて来た女性が私の前を歩いていたが、何となく歩き方がぎこちないので、

 足元を見ると上底のピンヒールにミニスカにタイツだったので、私は(お洒落した、ピンヒールデビュー?)など思いながら後ろを歩いていると、女性はスマホを出して通路の端に、私はそのまま追い越して、

* 少し先の通路に面した珈琲ショップで、店の看板メニューを見ていたら『あっ、痛っ、』と横から聴こえたのでそちらを見ると、膝を曲げながら倒れそうな女性がいたので、私はとっさに手を出して、彼女の肘を掴んでいました。

 肘を掴んでもよろけていたので、私はもう方の手で彼女のもう方の腕を掴もうとしたら、スマホを持っていて腕を掴むのをためらってしまい、私の手が彼女の胸を抑えてしまいました。

 彼女は壁に手をついたので、私は手を離すと彼女が『すみませんでした、、、痛っ、、』と小さな声でした。私は『大丈夫ですか?』と聞くと、彼女は『大丈夫です、、、ちょっとだけ、ひねっちゃったかも』と、やっぱり小さな声で自分の足首を見ているので、私は『少し、座ったらどうですか?

 椅子はなかなか無いですが、ここのお店で、座って休んだら?』と言うと、彼女は少し考えてから『座った方が良いかな、お店には1人では入りにくいので、ベンチを探してみます』と言ったが、私の知る限りベンチは、

 駅ビル外の喫煙所しか無かったので私は『多分ベンチは外の喫煙所だけですよ、私はここに入ろうと思っていましたから、一緒の席で良ければ入って休んでみたらどうですか?』と言うと、彼女はびっくりした顔をしながら私を見て、

 少し間が空いてから『はい、じゃあ、ちょっと休んでみます、すみません』と言ってくれたので、私は彼女に合わせてゆっくりお店に入って、2人で窓際のテーブルに座りました。

 そのお店はカウンターまで注文を頼みに行くお店だったので、私は彼女の分と一緒に注文をして支払いを済ませて、出来上がるとテーブルまで運んで来てくれした。私は『足は大丈夫?』と聞くと、彼女は『まだ、ちょっとだけ痛みます』との事でした。

 彼女は少しうつむいた感じで、声も小さかったので、私は少し話しかけると、今日は友達と買い物のはずだったのが、友達が1時間以上遅れている事や、待ち合わせ場所でずっと待っていたらナンパされて、仕方が無く駅ビルをウロウロしていた事を話してくれました。


↓他のHな体験談を見る


この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人がおすすめする「出会い系サイト」です。異性との出会いは待っていても天から落ちてきません。自分が求める出会い種を検討してサイトに訪問して下さい! 又、登録は無料ですので全て登録して試すのも宜しいかと思います。管理人より良き出会いを願っています。(18禁)
PCMAX
サクラがいないサイトをお探しの方必見!会員数800万人突破!!
登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ワクワクメール
手軽に出会いやすい上にサクラゼロ♪

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ハッピーメールバナー ハッピーメール
理想の恋人、結婚相手をハピメで探そう!(18禁)

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり

.
.
.
.
.

 | Copyright © Hな告白や体験談ブログ All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.