酔っぱらいのねーちゃんがイキナリ

 仕事の帰り、軽く酔って地元の駅に着いたんだけど、そこで凄い酔っ払ってて地べたで寝ちゃってるなってるねーちゃんを見つけたんだ。「大丈夫ですか?もうすぐ終電ですよ」って声を掛けたんだけど、そのねーちゃん、起きた途端に俺に抱きついてきて、物凄い勢いでディープキスしてきた。

 最初は誰かと勘違いしてるのか?と思って、引き離してはすぐに転がって寝てしまうねーちゃんに真面目に声をかけ続けてたんだけど、起きる度にディープキスの嵐なもんで、そのうち俺も興奮してきてしまった。




 俺もキスしてるうちに酔っ払ったようで、結局終電終わって駅から出されるまで2人でそこで座り込んでずっと絡んでた。(キスだけだけど)駅から出されてもそのねーちゃん、全然歩けなくって時々崩れては抱え起こして、また抱きついてきてキスして

「帰れる?」って聞いても「帰りたくな~い」とか言ってるし、足も覚束ないし、俺も眠かったし、寝かせちゃえば寝てくれるかな?と思って取り敢えず近くのラブホテルまで連れてった。

 部屋に入ってベッドに倒れこんだらすぐに寝息を立て始めたんで、俺も眠いし少し離れたところに横になって寝ようとしたんだけど、横になった途端にねーちゃんが起きて、また抱きついてきた。

 寝ながらだったんで、感触が心地よくってまた興奮して、互いに脱がせあった。その後はしばらくねーちゃんに舐めてもらってたんだけど、おもむろに俺のを手に取り、腰を浮かせて入れようとしてきた。

「ちょっ、ゴムは?」「ナマの方が気持ちいいよ」で、初めての生挿入。その後もねーちゃんが上のままで、暫く腰を振りながらディープキス。そのまま中に出してしまったんだけど、その時点では俺もかなり酔っていたようで、行為の途中以降は何を喋ってたか、終わってからどうしたか、全く覚えていない。

 行為そのものは生々しく覚えているのだけれど。次の朝、俺以上にねーちゃんの方は全く記憶が無いらしく、自分の姿で昨日の夜に俺とやっちゃった事は悟ったようだけど、自分がどうしてここに来たのか全く覚えていないようだった。

 中出しした事も。俺は、昨日の行為の責任と人生初カノへの期待から携帯を聞き出そうとしたんだけど、ねーちゃんはこの事を無かった事にしたいようで、教えてくれなかった。

 結局、駅まで送って別れた。それっきり。素人童貞で彼女なし28年だが、想像もしない形での童貞喪失だった。



↓他のHな体験談を見る