大きくなったものを彼女に

 今日出勤時の満員電車。周りは誰もこっちを向かない形の中、弓道部の大学生?の後ろのポジションについた。最初、体全体を密着させつつ、俺の大きくなったものを彼女の柔らかいお尻に押しつけていた。

 その後、彼女がウトウトしていたみたいだったので、太ももからお尻へと指を這わせてみたが、無反応だったので、そのまま片方の太ももやお尻をもみくだしながら、もう片方に俺のものを押しつけていた。




 残念ながら彼女はカーゴパンツだったのだが、さらに彼女のおま○こを弄りだした。そこで彼女が起きてしまい、こっちを一瞬振り向いたのだが、特に手を払う様子がない。

 調子に乗った俺は、指で足を広げるようにすると、彼女は素直に足を開いた。しかも、俺が触りやすい角度にズレてくれたのだ。これはこれは、と思いながら、ありがたく彼女のおま○こをズボンの上から弄っていると、彼女がうつむきながら指の動きに合わせて体をピクピク震わせている。

 さらに激しく指を動かすと、満員電車だから立っていられるようなぐらいだった。しかもズボンの上からでも湿り気が確認できるぐらいの濡れ具合にめっちゃ萌えた。

 俺のものも触ってほしかったが、気持ちいいのを我慢しているのか、カバンを握りしめていたので叶わなかった。その後、彼女が降りるみたいだったので声をかけようとしたら、人混みをかきわけて走り去っていき、続きにもっていくことはできなかった。

 もう一度彼女に会えないかな?彼女が痴○に目覚めてくれてると嬉しいと思う。



↓他のHな体験談を見る