.
.
.
.
.

★おばさんにエッチの相談した所

女性のHな告白や体験・男性のHな告白や体験を集めて掲載しています。エロな告白や体験談も掲載!
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2017/09/11(月)
 12月初めに忘年会があり、彼女もいない僕は隣にいた46歳のエリさんに「彼女が欲しい エッチもしたいです」と酔って言い続けてました。優しいエリさんは「可哀想に若いのにね、娘に誰かいないか今度聞いといてあげるから」と言われました。

「エリさん僕は今でもエッチしたいんです。待ってもいられません」と言うと大笑いされました。酔ってた僕は「エリさんは旦那さんとエッチするからいいですよね、週にどれくらいするんですか?」とふざけて聞くと

*「うちはね火曜日と金曜日がエッチの日なの、子供がバイトでいない日なの」と答えてくれました。その日は土曜日で前の日にやったんだというと「うんしたよ、あっちょっと話し過ぎちゃった」と言われ

「えりさんはゴム付きでするんですか?」と聞くと「ピルを飲んでるから生よ、生がいいでしょ?」と中出しをしたことがなかった僕は大興奮しました。「いいなぁえりさんと俺もしてみたいなぁ」と本気で言ってしまいました。

「えっ?私と?」と一番の大笑いされましたが「彼女もいないしずっとしてないんだもんね。こんなおばさんと出来るの?」と言われ、忘年会が終わるとすぐにえりさんとホテルヘ行きました。

 部屋ですぐにキスをし、やりたくてえりさんを後ろにむかせて下だけ脱がしチンポを押し当てました。「えりさんまずは一回出させてください」と言うと「あっうん、入るかなぁ」と言われたけどヌルッと挿入できました。

「昨日の旦那のが残ってたのかな 出していいよ」と言われ一分もしないでえりさんは声をそんなに出すこともなく僕は初めての中出しをしました。

 凄く気持ち良くて、中でピクピクしながら「えりさんごめんなさい、我慢できませんでした」と謝ると「いいよ気持ち良かった?凄いね、まだ出てる」と優しく言われ、初めての中出しが凄く良かったことを言うと

 えりさんから抜いてくれ、真っ白なお尻に真っ黒なお尻の穴と真っ黒なえりさんのまんこが見え、そこから濃い精子が垂れてました。しかもえりさんのマンコは毛は剃られててツルツルで僕はお尻を開いてまんこを見ました。

 卑猥でいやらしいマンコに興奮し、精子が出てるのに僕はマンコを舐めました。精子とおしっこの混じった臭いにお尻の穴も少し臭ってて肛門まで僕は舐めました。

「あぁぁ気持ちいい」とえりさんが言うのでマンコを舐め続けました。少しするとえりさんは「イキそういっちゃう」と言ってイキました。

 また入れたくなってマンコに挿入すると、今度はえりさんも感じてくれ一回出してる僕は激しくえりさんに出し入れすると、えりさんは僕のチンポでイッテくれました。

 一旦抜いて服をぬがせてベットへいき正常位で腰をふりました。キスをし二回目の中出しをさせてもらいました。えりさんは僕を寝かせると、出したばかりのチンポをお口で舐めて綺麗にしてくれ、再び勃起するとえりさんが上になって入れてくれました。

 自分で腰を振り2回もえりさんがイクと「もうダメ」と汗だくで倒れてたのでえりさんを寝かせて、再び正常位で中出しをしました。それからお風呂に行きえりさんが身体を洗ってる姿に勃起すると

「凄いね 出しちゃおうよ」とお尻を向けてくれ、立ちバックで腰を振り出しました。一週間後にまた会う約束をして帰りました。クリスマス前に元彼女から会いたいと言われエッチをしたけど、えりさんとのエッチの方が遥かに良くてえりさんと会っています。

 先日はバイト先の人のいないとこでやりました。その日えりさんは旦那さんが迎えにきていて、旦那さんを見ると申し訳なく思い会うのをやめています。熟女にハマりそうです。


↓他のHな体験談を見る


この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人がおすすめする「出会い系サイト」です。異性との出会いは待っていても天から落ちてきません。自分が求める出会い種を検討してサイトに訪問して下さい! 又、登録は無料ですので全て登録して試すのも宜しいかと思います。管理人より良き出会いを願っています。(18禁)
PCMAX
サクラがいないサイトをお探しの方必見!会員数800万人突破!!
登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ワクワクメール
手軽に出会いやすい上にサクラゼロ♪

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ハッピーメールバナー ハッピーメール
理想の恋人、結婚相手をハピメで探そう!(18禁)

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり

.
.
.
.
.

 | Copyright © Hな告白や体験談ブログ All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.