.
.
.
.
.

★妻を先輩に寝取られてしまったが

女性のHな告白や体験・男性のHな告白や体験を集めて掲載しています。エロな告白や体験談も掲載!
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2017/09/04(月)
 俺は自分のワガママで奥さんと子供がいるのに会社を辞めてしまった。仕事を探しても見付からず途方に暮れていた時に、こんな俺に手を差し伸べてくれたのは、前の会社の研修で指導してくれた先輩の高橋満さんだった。

 満さんは会社を辞めて、仕事のない俺の事を心配して知り合いに頼んで、食品会社の冷凍庫の夜間勤務の仕事を世話してくれた。俺は満さんの温かい心使いに感謝して直ぐに働き始めた。

* 今から7年前の結婚16年、私44歳、妻40歳の時、転勤先で知り合ったご夫婦と約2年間スワッピングをしていたが、私の転勤で最後のスワッピングになるとき、お互い、ハメ撮りして映像を交換することにしたときの映像を久しぶりに見た。

 映像はフルではない普通のハイヴィジョンだが、綺麗に撮れていた。相手のご夫婦は4ご主人が40歳で妻と同い年、奥様は37歳だった。私は37歳の奥さんとのハメ撮り、妻は相手のご主人とのハメ撮り画像を持って、それぞれ帰宅したのだった。

 あれから7年、先日、妻がスワップ相手のご主人に組み伏せられ、犯される動画を久しぶりに見た。裸で寝かされ大の字に寝る妻を舐めるように撮影していた。

 花弁を晒し、はみ出た花びらを拡げられ、花芽を指で嬲られて蜜を流して悶絶する妻。ご主人は妻の花芯に指を二本突っ込んで、溢れる蜜を書き出す。その指にベットリついた蜜を妻の鼻先にかざすと、妻は恥ずかしさに顔をしかめる。

 妻の目の前に男根を突き出し、唇に触れさせて青王で撮影される羞恥が妻を襲っていた。それをごまかそうと、妻はご主人を仰向けに押し倒して男根を口に咥えた。ご主人はカメラの置き場に苦労して画面が激しく揺れた後、妻のフェラを撮影し始めた。

 そのあと、震える画面では妻の花弁を舐めるご主人が映った。妻は抵抗することなく、ご主人の口の上に、蜜が滴る花弁を押し当てた。69の状態で、画面は妻の花弁を舐めるご主人の口元が映った。

 ご主人の花芽を襲う舌使いが気持ち良すぎたのだろう、妻は上体を起こし、ベッドに両肘をついてフェラを放棄して全身を震わせた。花弁はご主人の口にに押し当てたまま、妻の吐息が聞こえてきた。

 ご主人が体勢を変え、カメラをベッドの頭の棚状の場所に置いて、そのカメラに向かって妻の足をV字にして、濡れそぼった妻の花弁をパックリ広げて、妻の腹側から激しい舌を使いを披露した。

 妻の花弁の具合をじっくり見るご主人の目の前で、ヒクついてパックリ開いた妻の花びらから、いやらしい蜜の匂いが画面を通して伝わってくるようだった。そうしながら、一時的にカメラから解放された手で、妻の花芽を摘まんで扱きあげた。

「ヒャギイィィーーッ!」妻は仰け反りながら断末魔のような叫び声をあげ、ガックリと体の力が抜けた。ここで一度カットが入り、カメラが三脚に固定されて、ベッドを俯瞰した。

 ご主人は、まるで愛し合う夫婦のように唇を重ね、妻もそれに応えるように熱く深く舌を絡めあっていた。そしてついに、ご主人の生の男根が妻のドドメ色の花びらを裂くように花芯に深々と挿し込まれた。

 ご主人は、亀頭あたりまで引き抜いて、花びらを閃かせるようにして再び妻の花芯奥深くに男根を突き立てた。ゆっくりしたピストンだが、妻は大きく開脚させられた下半身を震わせ、

「オフゥゥ~・・」と私も聞いたことのない、腹から絞り出すような呻き声をあげていた。ご主人は、ゆっくりだが効果的なピストンを繰り出し、妻は何度仰け反っていた。

 ゆっくりした出し入れが10分を過ぎたあたりから、妻の花びらは、花芯から溢れて男根の摩擦で濁った蜜で白くなっていった。それは花弁からも溢れて、妻の菊門に至っていた。

 その菊門に、激しくなってきたピストン毎にご主人の玉袋が当たって、パンパン音を立てた。ブジュブジュと花芯を突き挿すご主人の男根を、妻の花芯は愛情たっぷりに咥え込んでいた。

 ご主人の背に両腕を回し抱きつきながら、ご主人に突かれて感じている妻・・その妻を抱きしめながらご主人はくるりと回転し、今度は妻が腰をくねらせた。妻の腰があんなに卑猥にくねるものかと嫉妬が燃えた。

 仰け反る妻の腕を引っ張るようにして突き上げ、ビクビク痙攣している妻の花芯の中で、ご主人がドクドクと果てた。ご主人の胸に両手をついて、妻がらご主人の体から離れた。

 ご主人の萎えた男根が抜けると、妻の愛液とご主人の精液が混ざって流れ出て、妻の内股を伝った。見つめ合う妻とご主人、まるで別れを惜しむような表情の妻は、きっと、本気でご主人を愛し始めていたんだと思う。

 同じ頃、ご主人の奥さんと最後の交わりを撮影していた私も、美人系の妻よりも可愛い系の奥さんに恋心が芽生えていた。そして、最後の交わりの日に備えて、妻同様、ピルを事前に飲みはじめていた奥さんの花芯に私もありったけの精液を注いでいた。

 私は正常位で果てて、奥さんの花芯から逆流して花びらを染めていく白濁液をアップで捉えていた。そして、久しぶりに、嫉妬で51歳の男根がはち切れんばかりにそそり起ち、それを見た47歳の妻の目が潤んでいくのを見て、妻を押し倒した。

 もしかしたら今頃、あのご主人と奥様も動画を見ながら嫉妬しているかもしれない・・


↓他のHな体験談を見る


この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人がおすすめする「出会い系サイト」です。異性との出会いは待っていても天から落ちてきません。自分が求める出会い種を検討してサイトに訪問して下さい! 又、登録は無料ですので全て登録して試すのも宜しいかと思います。管理人より良き出会いを願っています。(18禁)
PCMAX
サクラがいないサイトをお探しの方必見!会員数800万人突破!!
登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ワクワクメール
手軽に出会いやすい上にサクラゼロ♪

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ハッピーメールバナー ハッピーメール
理想の恋人、結婚相手をハピメで探そう!(18禁)

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり

.
.
.
.
.

 | Copyright © Hな告白や体験談ブログ All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.