握られて激しくしごかれた

 係長は33歳独身の女で、ちょっと美人だけど性格きつめ。こないだやたらと暑かった日のこと。作った資料を係長のデスクに持ってって斜め後ろから差し出した。

 ここはちょっと…とか文句言われながら資料を覗き込んでて、ふと視線をずらすと大きく開いた胸元からブラがチラチラ。谷間も深くいい形。係長の指摘に対する俺の返事が




 上の空になり、胸元覗き込んでるのがばれた。おまけに振り返った係長の目の前には、微妙に膨らんでる俺のズボンの前の部分が…。「○○君、ちょっとこっちへ来なさい。」

 トイレの隣にある給湯室に連れて行かれ、どれだけお説教されるのかとビクビクしてると「もう、これじゃ、仕事にならないじゃない!」と言うなり、しぼみかけたズボンの前を握られて、激しくしごかれた。

 1分ほどでギンギンになったところで、係長は俺の右手を掴み、人差し指と親指の間を唾を塗りつけるように舐め回した。「15分以内に戻ってくるのよ!」と言うなり俺を置いて部屋へ戻ってしまった。

一人取り残された俺は、慌ててトイレの個室に駆け込み、係長の唾で濡れた指でしごいたらびっくりするくらい早く終わってしまった。

 トイレットペーパーで処理し、手を洗ってから戻ると、係長はいつも以上に厳しい表情をしていて、資料の隅々まで文句を言われて、作り直しを命じられた。とてもじゃないけど、仕事終わってから誘うとか、もう一度お願いするとか出来ない…orz



↓他のHな体験談を見る