職場の人妻はマドンナ的な存在

 職場の人妻ゆかについて話をしようと思う。ゆかが職場に来たのは半年前。その時は全然何も気にしていなかった。最近、ゆかが綺麗に可愛くなって来た。

 それからゆかをじっくり観察するようになった。ゆかのパンツ姿をじっくりみるようになり、ゆかのけつがいやらしく見えてきた。うまそうなけつだ。




 ゆかは旦那とはまったくうまくいっておらず、たぶんセックスもまったくしていなそうだった。ある日ゆかと二人きりになる場面があり、ゆかに襲いかかってみた。ゆかは抵抗した。

 服の上からまんこを激しく刺激してみた。みるみる濡れてきた。服まで濡らすスケベだった。すぐにズボンを脱がせたら大洪水だった。ゆかは俺の巨大チンコを触りだした。

 ビンビンのチンコをパンツから出すとゆかは「すごく長くてすごく太い」といい、口にくわえたゆかのフェラはすごく気持ち良く、まんこに入っているようだった。ゆかは旦那とはセックスレスで3年はしていないとの事だった。

 俺はチンコをまんこに沈めた。3年チンコが入ってなかったのですごくキツかった。ただゆかのまんこは大洪水だったので、すぐに俺のサイズを受け入れた。ゆかのまんこはすごく締まりがよく最高だった。

 ゆかはチンコをくわえながら何回もいっていた。俺もそろそろ逝きたくなりどこでいっていいのか?聞いた。ゆかは「中はだめ、赤ちゃんできちゃう」と答えた。

 俺はその言葉に興奮し、チンコを子宮口まで進めた。ゆかはあえぎ声をますますだし、チンコすごくいい~と言っていた。旦那とどっちがいいか聞いたらもちろんこっちと答えた。

 ゆかはすでに二人の子供がいるが、俺の子供も生ませたくなり、子宮口の一番奥で精子を注ぎ込んでやった。ゆかは身体を仰け反らせてビクンビクンと感じでいた。

 それからゆかとは職場で暇なときはセックスをしている。もちろん中だしで。それから3ヶ月がたち、ゆかが妊娠した事がわかった。今では妊娠七ヶ月。

 妊娠すれば種はつかないので毎日セックスをしている。ゆかは俺の巨大チンコから離れられないと言っている。出産したらピルを飲ませて避妊させようと思う。



↓他のHな体験談を見る