おじさんなのに若い女が声をかけてきた

 俺も2月で定年になってしまった俺だが、なんと女子学生が俺に声をかけてきた。其の場所はボウリング場で1人で投げ放題をやっていてストライクが、でるとハイタッチをして遊んでいた。

 小父さん1人そうだよ小父さん、お金を貸してくれる。いくらいるのと聞いた・・エ~10000円。貸すのは良いけれど、どうやって返してくれるのと聞いた。小父さんの家を教えて明日返すからと言ってきた。


【人妻NET】夫に不満な人妻達が貴方の愛を求めてる!

 信じた訳ではないが、マ~言いかと言う感じで其の場を終らせた。翌日の16時頃にアノ女の人が、尋ねてきた其れも1人でアノ時は私服を着ていたので、もう少し大人かと思ったら違っていた。

 制服を着た中学1年生でした、どんな所に住んでいるのか様子を見に来たと言っている。小父さんは1人住まいなのと聞いてきたので妻と別居している所だよと答えた。

 そうなのと言って安心しきった様子でリラックスしたようだ。話もはずまず女の子は寝むいと言って敷き布団を敷いた。其のまま布団の上で目を閉じて寝ている其れを見た俺は興奮してきた。

 ズボンとパンツを脱いでからスカートを捲くり上げパンテイを脱がした。女の子は緊張しているようで体が、小刻みに振るいる足を広げると割れ目の花びらが、見える花びらにキスをしながら花びらを舐めていると女の子は俺の頭を押さえながら股を広げて」あぃぅ~

 濡れた割れ目にチンコを宛がえ腰を入れたらチンコが、中に入っていったら女の子は痛いと声を出してシーツを強く掴んだ。腰を動かす前にスカートが、汚れ血が、ついてしまうとまずいからスカートを背中まで押し入れてから腰を動かした。

 腰を動かすたびに気持ち良くて、女の子を抱きしめて気持ちいい気持ちいいと感じながら息を荒くしていた。長く腰を動かしていたら股間から精子が、出そうになってきた。

 女の子に中に出してもいい「ウン」出すよ・・ぅぅぅ~~チンコを外したら精子に赤い血が、混じり垂れ落ちてきた。風呂場に行き洗い流してから、俺のそばにきて10000円を貰えると言ってきた。

 帰りぎわに週に2回にする、其れ共月に4回にすると聞いてきた。退職金もあるし週に2回の付き合いをする事にした。



↓他のHな体験談を見る