化粧台の前でのバック挿入

 ラブホテルでのデート、あと15分で部屋を出ようって事になり、彼女は裸のままで大きな化粧台の前に行き、髪の毛と化粧を直し始めた。ルージュを引くときになって、ちょっとエッチな気分になり始めた僕は、

 3面鏡で身支度をしている彼女の背後に立って、彼女の背中を舐めながら手は小ぶりのオッパイに・・「ダメだよ、もう出なきゃ・・」とか言いながらも、彼女は鏡の前での愛撫に、満更でもないみたいで腰をくねらせた。




 そのまま、尻の割れ目にも舌を這わせると腰を後ろに突き出しながら、ハァハァと興奮してきたので、後ろから立ったまま挿入してあげた。自分が後ろから犯されている姿を大きな鏡で見ながら、彼女も興奮して腰の
うねりも激しさを増してくる。

 ベットでのエッチよりも、3割り増しくらい気持ちよかった。次のデートも、大きな鏡付きの洗面台があるところがいいな^^



↓他のHな体験談を見る