清楚な人妻と棚ぼたSEX

 隣の奥さんは清楚で、可愛い女性です。体型も均整が取れていて、見ているだけでもドキドキします。2時頃セールスの帰り道横道から出てきた車にひかれそうになりました。

 向こうの車も急停車したのですが、助手席に乗っていた彼女が、隣の奥さんでした。ばつが悪そうにすぐ下を向いたのですが、男性は知らない人でした。そこはホテル街で、大抵この道を通る車は、ホテルから出てくる車です。




 まさかと思いながら家に帰ったのですが、暫くすると、隣の奥さんが尋ねてきたんです。もじもじしながら、昼にあったことは誰にも言わないで欲しいと言われ確信しました。

 生返事をしていると、私にだきついいてきて柔らかな胸のふくらみの感触が伝わってきます。私も反射的に抱きつきました。プリプリのお尻が溜まりません。今日はダメといわれ、お昼のことを想い出しました。

 それじゃと言うことで、奥さんの手を、股間に持っていくと、暫く考えながらさすり出しました。直にするようにおながいすると、私のチンポを取り出しさすり出しました。

 まさか奥さんとこんな事ができるなんて。3日後午後もう一度家に来る約束をしました。私にとっては棚ぼたでした。



↓他のHな体験談を見る