史上最強に恥ずかしい体験をした

 私は大学三年生です。実習の前に検便が必要で、病院に行きました。私が想像していたのは、容器を渡されて後日提出するものです。その場でなんて出るわけないから、と思っていました。病院に着いて、外来受付で検便の検査をしてほしいと言うと、問診室に行くように促されました。

 そこで、看護師さんとお話をして「処置室に行ってください。」と言われました。私はそこで容器がもらえるのだと思っていたのです。しかし、そこで待っていたことは、私の想像を大きく上回っていました。




 男性の白衣を着た人(看護師さんか医師かは不明)が、容器を手にしていました。それは細長く、今まで学校で受けてきた検便の容器とは違うなあ、と思いました。

 近くで見ると、容器と細長い綿棒が入っているのが見えました。市販のものよりずっと長い綿棒です。どうするのかな、と不思議に思いました。すると先生が「この綿棒をこのくらいまで(4cmくらい?)おしりの穴から入れてね。そこにトイレがあるから。自分で出来なかったら、また持ってきてください。入れてあげるよ。」

 と言うのです。正直、そんな検便の方法があるなんて知らなくて、説明を聞いているだけで恥ずかしくなってしまいました。しかし、うなずいてトイレへと歩き出した私を、何やら怖そうな女の人が呼び止めました。

「自分でやらせないで。」そんなことを言っています。え、え、、、と頭の中が真っ白になってしまいました。いやいや、自分でやります大丈夫です多分できます。でも思っていても口にすることはできなくて…。

「あー、じゃあ一番奥まで行って待ってて。」処置室の一番奥には、周りにカーテンを引けるようになっている場所がありました。私は呆然としながらそこまで行き、落ち着かずにきょろきょろしていました。

 さっきの男性が、手にゴム手袋をしているところが目に入り、一気に緊張しました。逃げたくてどうしようもなくなってしまいます。しかし無情にも、先生は笑顔で近づいてきました。

「じゃあ、向こうを向いてベッドに横になってね。」周りのカーテンが引かれ、私は妙に意識しながら先生に背を向けてベッドに横たわりました。下半身にタオルが掛けられます。

私は、この時でもまだ心の準備ができていませんでした。「下着を降ろすよ、ごめんね。」スカートの下にはいていたストッキングとパンツが、一緒に降ろされました。タオルの下とはいえ、恥ずかしすぎて顔から火がでそうになります。

「ちょっと拭くよー。」いや、ちょっと待って!と思った瞬間におしりを広げられて、穴の周辺に冷たい感触が広がりました。先生が私のおしりの穴を覗き込んでいると思うと、恥ずかしくてたまりませんでした。

「よし、じゃあ入れるからね。リラックスして。」リラックスなんてできるわけがない。「ちょっと気持ち悪いけど我慢だよ。」しかし容赦なくおしりの穴に固いものが当たりました。

 そのまま、中に侵入して来ようとします。「力が入っちゃってるねー。深呼吸して楽にね。」いや、どんなに意識しても無理なものはムリ。でも先生がぎゅっと押すと、すると綿棒が入ってきました。

 なんだこんなものか。そうほっとしていたときです。「力抜いてねー。」そう先生が言ったかと思うと、さらに奥へと押し込まれました。痛くて思わず声を上げそうになるのを、必死に抑えました。

「痛いよね、ごめんね。」そう言いながらもさらに奥へと。「はい、これで終わりだからね。」そう言って綿棒がするりと抜かれた時、どれほどほっとしたか。

 気付いたら、挿入の途中から恥ずかしさなんて忘れるくらい、気持ち悪さと闘っている自分がいました(笑)最後にもう一度おしりを拭かれた時、恥ずかしさが戻ってきて顔が真っ赤になってしまいました。



↓他のHな体験談を見る