家庭の相談を聞いてあげた人妻

 アルバイト先にその人はいた。彼女の名前は沙希。結婚して子供もいる28歳のパートさん。駅の裏手にあるラブホテル。シャワーを浴びながら僕は冷静さを保てずにいた。

 それは今までの場面が頭の中をかすめていくからだ。彼女の家庭の悩みを聞いていくうちにいつしか心惹かれ、仕事で話す以外もメールのやり取りや二人で行ったランチ、厨房でこっそりとしたキス。




 そこからついにこの場所まで来てしまった。「お待たせっ‥‥」バスルームから出ると、沙希さんは白いバスタオルを体に巻いたままベッドの縁に座って俯いている。

「どうかした?」さっきまで明るかった沙希さんの顔が少し雲っているように見えた。『ん、ううん‥‥』視線が合うと、沙希さんは首を軽く横に振り、また足をもじもじと揺らして俯いた。

 僕は心臓をドキドキさせながらそっと沙希さんの隣に寄り添った。沙希さんは無言のまま俯いている。きっと僕と同じで緊張しているのだろう。そう思った時、沙希さんが重い口を開く。

『優くん‥‥あのね?‥‥』「えっ?なに?」沙希さんの手を握り僕は見つめる。『あのねっ‥‥』その先の言葉が続かない。握った手のひらに汗が浮かぶ。僕は今すぐにでも沙希さんを抱きしめたくなったが、言いかけた言葉が気になりそれを遮る。

「どうしたの?沙希さん」『‥あのっ‥‥』俯いた沙希さんが何を言おうとしているのかが分からない僕は我慢出来なかった。「沙希さん‥‥好きだ」座っている沙希さんの肩を掴んで不意にベッドに押し倒す。目を閉じ夢中で唇に吸い付いた。

 その下で沙希さんは何かを言っているがよく分からない。沙希さんの肩をギュッと掴んで唇の感触を味わっていると、沙希さんは体をよじりながらが両手で僕の肩を押し返している。

「えっ!?」それに気づいた僕は、沙希さんからすぐに体を離した。「ごめん‥‥痛かった?」突然抱きついてしまったためどこか痛かったのだと思った。

『違うの‥そうじゃ‥』「えっ、じゃあ何?どうしたの?」沙希さんがベッドに倒れたまま呟く。『やっぱりこんな事‥‥やめよ?』「‥‥?」言っている意味が僕にはわからなかった。



↓他のHな体験談を見る