Hな告白や体験談ブログ

女性のHな告白や体験談・男性のHな告白や体験談を集めて掲載しています。エロな告白や体験談も掲載!
Hな告白や体験談ブログ TOP  >  ◆男性の告白・体験談  >  知り合いとの体験談 >  ★前妻とこんな風に遭遇するとは
★18歳未満の方は閲覧禁止★
当サイトは18歳未満の方の閲覧は禁止です。即刻退席をお願いいたします。

★当サイトの問合せはこちら

★前妻とこんな風に遭遇するとは

 7歳年下の女房は47歳、山口智子に似てて可愛らしい。俺も女房もバツイチ、お互い子供はいなかったから離婚のハードルが低かった。結婚期間は俺が4年、女房が3年と短かったが、交際期間は俺が4年、女房は1年と差があった。

 俺と女房が知り合った頃は、交際期間が短いとお互いを良く知らないで結婚になるからダメだといった俺に対し、長すぎた春は倦怠期が早いと女房が言ってた。女房27歳、俺34歳で再婚、交際期間は1年半とチト微妙。

 去年、一人娘が大学進学で家を離れて夫婦二人きりになった。それまでもセックスはレスにはなっていなかったが、二人きりになると激しくなった。声が出せるから。女房の初体験話や前夫との話を赤裸々に暴露させて、嫉妬するとチンポがウソみたいに勃つんだよね。

 俺も前妻とやったエッチを話すと、ライバル心むき出しで女房が応えるんだ。おかげで昨年から女房を縛ってバイブで陵辱するマゾ調教をはじめた。マンネリ解消にうってつけだ。

 昨年の秋、日光を観光しながら鬼怒川温泉に泊まって女房と破廉恥三昧を繰り広げたんだ。ところが、隣の部屋からも時折とてもスケベな女の喘ぎ声が聞こえてきた。負けじと女房のマンコにバイブを突き立て逝かせまくった。

「あんた、機械ばっかじゃなくってチンチン頂戴よ。アアアーー」隣まで聞こえてたと思う。一戦終わって寝ようとしたらシーツが女房の愛液で湿っちゃって、ドライヤーで乾かしたらゴワゴワになっちゃった。

 翌日、朝食を食おうと部屋を出たら、隣の部屋の夫婦が食事を終えて部屋へ入るところだった。ん?あら?ああっ!
間違いなかった。別れた前妻の美智子だった。美智子も気付いてハッとした表情をしてた。

 軽く会釈して俺たちは食事に向かった。女房は「昨夜激しかったお隣さん、奥さん大人しそうな方だったね。人は見かけによらないね。」「お前だって、可愛い顔してキャンキャン叫んでたじゃないか。向こうも同じ子と思ってるよ、きっと。」

 帰り際、ロビーの土産屋でうろついていたら前妻の美智子が近付いてきた。「ご無沙汰。相変わらずエッチ好きね。」「お互いにな。良かったよ、お前が幸せそうで。」「あなたもね、可愛い奥さんじゃない。それじゃね。さよなら。」「ああ、さよなら。」

 多分、もう会う事はない美智子の後姿を見送って、俺は女房と歩き出した。少し寂しく、少し晴れやかな気分になった。


↓他のHな体験談を見る

[ 2017年03月20日 14:32 ] 知り合いとの体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

musyuusei動画無料
大人のオモチャ
全記事表示リンク
カテゴリ1
ハッピーメール
ハッピーメールバナー
スマートフォンQRコード
スマ―フォンQRコード