.
.
.
.
.

❤羞恥心との闘いのマッサージ・・2/2

女性のHな告白や体験・男性のHな告白や体験を集めて掲載しています。エロな告白や体験談も掲載!
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2017/03/19(日)
 なるべく自然な口調で「元気でしたか?」と聞きました。「うん。~ちゃんは?」 たわいない会話をしましたが心臓はドキドキしています。その時、急に手首を引っ張られるとAさんの裸の胸元に抱き寄せられてしまいました。うつむいていると、「この間はゴメンね。」Aさんは低い声で言いました。

 私はうつむいたまま、黙って頷きました。Aさんは「~ちゃん好きだよ。」と少し声を上ずらせて、無理やりキスしました。私の口唇をこじ開けて舌を入れると、Aさんの舌は私の舌を追うように、激しく動いて執拗に絡まってきました。

* 私はくたっと全身の力が抜けてしまい、Aさんに身を預けるように抱かれました。Aさんの唇は私の頬から首、うなじまでを這い、私は思わず、「ハァッ。」と声を出しました。Aさんの大きな体はピッタリと私の体と合わさり、みるみる内に下半身が大きくなって、下腹にあたるのが解かりました。

 Aさんの両腕は私の体をきつく抱きながら二の腕をギュッと強く掴んだり、背中からウエストまでまさぐるようにく動いています。そのまま私はフッと持ち上げられ、ベッドに座るAさんに抱っこされるように抱きかかえられてしまいました。

 私はどうしていいか判らず、「イヤ」と言いましたが、すぐにAさんの唇で塞がれ、Aさんは私の胸をゆっくりと揉み始めました。私は呼吸が荒くなり、体は熱くなってAさんを求めていました。 私は、理由は判らないけどなぜか涙が出てきて「Aさんお願ぃ。人が来たら困る。」 と言いました。

 Aさんはやっと「わかった。ゴメンね。」と言うと頬を撫でて放してくれました。 「~ちゃん。この後、会えない?」と聞かれましたが、混乱していて「電車の時間があるから」と言うのが精一杯でした。

 私は気持ちを取り戻して、ベッドにうつ伏せになってもらい施術を始めました。いつもはお客様に少しでも体調を良くしていただこうと、それだけに集中して手を滑らせていますが、その時は気持ちがこもりませんでした。

 私の下着の奥は、まだジットリと濡れているようで動くたびにそれを感じました。その時はボーっとしてしまってあまり会話は覚えていません。仰向けの下半身が終わるとAさんの下半身はまた大きく盛り上がっていました。

 私はいつもはしないけれど、Aさんの目の上にハンドタオルをかけました。Aさんは苦笑して「何でかけるの?」 俺が悪さしないように?」と聞きました。「ぅん。そう。」ふたりは笑い合って少し、空気が和んだようでした。静かに施術しているとAさんは「俺のコト嫌いになった?」と真剣な口調で聞きました。

 私はどう答たらていいか解からずに「どうだと思いますか?」と曖昧に質問で返しました。「キライになったと思う…。」 私は、肩から胸にかけて円を描くように滑らせていた手を一瞬止めました。

 そして、タオルで半分顔が隠れたAさんにゆっくりキスをすると、一瞬ですぐ離れました。Aさんはタオルを取って私を見ました。私は知らん顔で施術を続けました。Aさんは私の頬に手を持ってくると、じーっと見つめたまま、唇に沿って触れました。そして、上下の歯を開けて指を入れてきました。私はされるまま、Aさんの指を舐めました。

 Aさんは素早くオイルで濡れた上半身をタオルで拭くと、私をベッドに座らせてまたキスをしながら、今度は大胆に小さな黒いカットソーを捲り上げ、ブラジャーの中に手を入れ、強く揉み始めました。

 胸が乱暴に揉まれ、Aさんと私の舌が絡み合いました。Aさんは私の乳首を摘むとクリクリと弄んで、口に含みました。「ぁ。」私は小さな声を洩らして、全身に快感が走るのを感じました。私の乳首は感じると堅く大きくピンと立ってしまいます。

 Aさんはその乳首を吸ったり、甘噛みしたりしながら、片方の手でストレッチ素材のお尻にフィットしたパンツの上から恥丘から溝にかけてすくい上げるように揉みました。そして、その手がジッパーを下ろそうとしました。私は力なく抵抗しましたが、呆気なくかわされ、内側のボタンを外しジッパーが下ろされました。

 下着の線が出るのがイヤなので私は普段から小さなTバックを履いています。ピッタリしたパンツのジッパーが開かれた隙間から、Aさんの手が入れられ、白のレースのTバックにこじ入れるように強引に入っていきました。

 私の中は自分でも恥ずかしいほど濡れていて、Aさんの指がスルリと滑るように上下して動かされました。 Aさんは私の薄い陰毛から簡単にクリトリスを見つけ出し、押しつぶすようにねっとりと刺激しました。

 私はあまりの気持ち良さに「ぁぁっ」と声を漏らしました。どうにかなってしまいそうで、私は必死でAさんの手を遮ろうとしました。それは無駄な抵抗のように意味がなく、Aさんの指は深く深く私の中へ入ってきました。

 Aさんは自分の前に私を後ろ向きに立たせ、パンツを下ろしてTバックのお尻をあらわにしました。

 そしてそのまま、ギュっとお尻の肉を掴み、舌を這わせながら片手を前に廻してクリトリスをもてあそびました。「ハァァ。」私は意識遠のくような快感を感じました。

 Aさんは私の後ろに立つと今度は片手でクリトリスを、もう片方で後ろからヴァギナへ指を深く押し入れ、素早く出し入れしました。

「ァァッ!!」私の体を、背筋がゾーっとするような快感が激しく貫きました。Tバックも呆気なく脱がされた私は、ベッドに横になり、「おいで」と言うAさんのそばに引き寄せられました。

 Aさんは自分の顔の上に私を跨がせると、ピチャピチャとイヤらしい音を立て私のオ○ン○を舐め始めました。 「ハァァァァッ。」声を出さないように必死で頑張りました。

 私は上半身は胸までカットソーを捲り上げれ、ブラジャーからは乳房をはみ出し、下半身はお尻もオ○○コも丸だしで、Aさんの顔を跨いでいました。

 そんな自分のそんなあられもない姿を想像するだけで、一層感じてしまいました。「~ちゃん。すごいよ。」そう言われ「Aさん。私、もうもうダメ。」と言いました。

 Aさんは私のクリトリスを舌で素早く舐めながら、何本かの指で深く私を貫きました。私は「ぁぁぁあああっ。もうダメ。」必死で堪えながらも自然に腰を動かしていました。

「そう。腰使っていいよ。」私の感じる姿を見て、Aさんの指使いは勢いを増すようでした。私の快感はどんどん高まり、(もうどうなってもいい)と思うほど激しく感じました。

「あぁぁ!!イキそう。イキそぅぅ!!!。。」私は泣き出しそうなほど感じ、「Aさん。もうダメ。イク。イク。イクゥ。。…。」そう言って果ててしまいました。Aさんは快感に震える私の中から指を抜かずに、「~ちゃんのオ○○コ凄いよ。俺の指、ギューっと締め付けてる。」 そう言って自分の胸の上に座らせ「いいよ。そのままで」と言いました。

 うつろな私にAさんは「今週の休み会える?」と聞き、私はコクンと頷いてしまいました。Aさんは私にまたキスをして、私の手を自分の固くなった彼自身に導きました。「~ちゃんのこと抱くからね」と言い、私は黙って頷きました。


↓他のHな体験談を見る


この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人がおすすめする「出会い系サイト」です。異性との出会いは待っていても天から落ちてきません。自分が求める出会い種を検討してサイトに訪問して下さい! 又、登録は無料ですので全て登録して試すのも宜しいかと思います。管理人より良き出会いを願っています。(18禁)
PCMAX
サクラがいないサイトをお探しの方必見!会員数500万人突破!!
登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ワクワクメール
手軽に出会いやすい上にサクラゼロ♪

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ハッピーメールバナー ハッピーメール
理想の恋人、結婚相手をハピメで探そう!(18禁)

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり

.
.
.
.
.

 | Copyright © Hな告白や体験談ブログ All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.