マッサージ師の手は際どい処まで

 肩こりが酷いこともあり、たまにマッサージにかかるのですが、ある時、中国式マッサージというのにかかりました。どの店もそうですが、初めて行く店は勝手が分からず「こうしてください」と言われれば「そういうものなのか」と思ってしまいがちです。

 たまたま私が行った時は、暇な時間帯だったのか、他にお客さんは一人もおらず、従業員もその人だけでした。「初めてなんですが」というと、その人は笑顔で迎えてくれました。なんだかいい感じの男性でした。




 ベッドに案内され、上半身の洋服とブラジャー、ズボンを脱ぐようにいわれました。パンティ一枚の格好です。たいていマッサージ店では、こういう格好にされても着替えがあるものですが、この店にはありませんでした。

 下着だけで、胸全開の姿になった私は、おろおろしながら待っていると、カーテンの外で、うつぶせで待っているようにという指示が出ました。少しだけ安心しました。なぜなら、うつぶせだったら胸は隠れるからです。

 マッサージが始まりました。腕は良いようです。凝っていた肩や背中がほぐれていきます。腰の辺りを揉まれていくと、下着をめくられてしまいました。あっという間に、お尻の割れ目が見えるところまでめくられてしまったのです。

 でもどうすることも出来ません。これも治療だから…と、自分に言い聞かせました。割れ目の中に指が入ってくることは無かったので、それ以上のことはされずに済みました。

 さぁ、今度は仰向けです。剥き出しの胸を初めて会った男性に見せなければなりません。もちろん最初は胸を隠していましたが、マッサージに胸を隠していては出来ません。すぐにハズされてしまいました。

 もちろん治療ですから胸に集中することもないんですが、時々乳首に指先が触れたりすると、こっちも意識しているせいですが、思わずピクリとしてしまうんです。

 そしてウェスト…この辺り、私、弱いんです…。腰、浮いちゃうほど。その頃には、自分の意志とは関係なく、濡れてしまって。どうして、関係ない時に、こんなに濡れてしまうんでしょう。中国のツボの重要なところに、恥骨というのがあります。

 これ、女性の大切なところのすぐ近くにあるんです。だから、ここを押されるときはほぼ100%、アソコを触られてしまうんですが、たぶん、湿っている私の、下着の感触、分かってしまったと思います。

 なんと思われたでしょうか…。たぶん、感じてしまっているいやらしい女と思ったんでしょう。先生は、私のアソコを貼り付いたパンティの上からなぞってきました。

 何度も何度も…。濡れているのは、そんなことじゃないのに…。断固として足を閉じました。そしたら先生は言ったんです。「ここは、大切なツボ。押したら良くなります」最後は、ワケの分からない中国語で言ってきました。

 私がおとなしくなると、センセイは、上機嫌になり、私の太ももを強引に広げて、染みの広がったパンティの上から、大事なトコロを何度も何度も押しました。濡れているせいでしょうか。ワザとでしょうか。

 時々間違ったかのように、クリトリスに触れてきます。騙されている。もうそう思ってました。でも、何も言えませんでした。時間にして30分くらいでしょうか。

 下半身への攻めが終わったあと「サービスね」といって、胸丸出しのままで、顔面へのツボマッサージ(これは皮肉にも気持ちよかったですが)を施してくれました。



↓他のHな体験談を見る