.
.
.
.
.

★求人の面接に来た訳アリな人妻・・2/2

女性のHな告白や体験・男性のHな告白や体験を集めて掲載しています。エロな告白や体験談も掲載!
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2017/03/12(日)
「では今日際面接ということになりますが、ちなみにご主人の意向を奥さんはご存知なのですか?」「はいそのつもりです。この間はさすがに、へんなことを言うと不採用になりますので隠していました。

 その後夫からそういった話をしたのも、面接時の所長さんの対応が私が凄く気に入ったからなんです。直感でこの方ならと思いましたので。」「それは奥さん私と仕事の関係だけではない、男女の大人の関係を持ってもいいと判断していたということですか?」

*「そういうことになります。」「なぜそういう風に思ったのですか?」「あの日、面接中の所長さんの私に対する目つき、上から下まで嘗め回すように確認されていたヤラシイ目つきが、気になりました。あの後、近くのコンビにのトイレで、所長さんのおちんちんを妄想してオナニーしました。家まで我慢できませんでした。それくらいの目線でしたので」

「そんなつもりはなかったのですが、ただご年齢の割りには若いスタイルされているとは思いましたが」「ありがとうございます」「さてご主人がいらっしゃるので、なんですが時間があまりないので、早速ですが制服に着替えて見せてもらいたいです。奥さんがどれくらい似合うか見てみたいです。」

 そういって、紙袋を真菜さんに渡しました。その中には制服が入っています。「わかりました。更衣室はどこになりますか?着替えてきます。」「更衣室はここですよ。ここで私とご主人の目の前で裸になってから着てください。奥さん、それくらいはできますよね?」

「所長さん、ここではいきなりですか?」「ご主人がお願いしてきたことです。私は別にどうってことないですが」「わかりました、ここで着替えます。」真菜さんは、着ていた服を脱ぎ始めました。私の妄想をはるかに超えるむっちりとしたスケベな裸体です。

 1周くるりと身体を転回させ胸も、尻も確認し制服に着替えさせました。白のブラウスは、ボタンぱつぱつで、やっとの思いで止まりました。その上からチェックのベスト。下はタイトスカートミニ。ひざ上5センチ。さらに後ろのスリット10センチ。

 ちなみに肌着は一切なしです。ストッキングも、スカート丈に合わせた程度の肌の色で、パッと見はナマ脚に見えます。もうほとんど見た目は、風俗嬢といっても過言ではありませんでした。

「真菜そんな格好、大丈夫なのか?」そんな夫の心配をよそに「所長さん満足いただけますか?私、凄くいまやらしい気分なんですけど、所長さんはどうなんですか?」「真菜さん。どうっていうのはどういうことですか?会話は具体的でないと伝わりませんよ?」

「所長さん意地悪しないで、私の制服姿を見て、所長さんのおちんちん硬く反応してもらえてますか?見えみたいです」「真菜さん、そういうことですか?本当にどスケベなんですね。見せてもいいですが、ご主人もいますが平気ですか?」
「私は大丈夫です。だから見せてください。」

 ご主人は、完全に不安そうになっています。しかし、これももともとは彼の要望から始まったこと。「ご主人、この後起こることも、しっかりここで見ていってください。それでも納得できるのなら、奥さんは採用します。いいですね」

 そう念押しすると、私は真菜さんの目の前に移動し、仁王立ちになりました。真菜さんの目は獲物を捕獲するかのような鋭く、また男をそそる潤んだような目つきです。私はベルトをはずし、チャックをおろし、ズボンと一緒にショーツまでも一気にずり下ろしました。

 ビンビンにそそり立った私のおちんちんが、真菜さんの目の前に現れました。実は、私の数少ない自慢の1つでかなり大きい一物をしているのです。勃起時19センチ。雁も5センチくらいはあり、なかなか、根元までくわえ込んでくれる女性は少ないのです。

 もちろん、ご主人は言葉も出ない状態で、身動きしません。それと対照的に、真菜さんは勝手に口に咥えこみ、フェラをはじめてしまいました。「こんな大きいの初めて、これから、これが私のものになるの?うれしい」それでも先の部分から奥はなかなか行けません。それを強引に腰を入れ込み奥まで咥えさせました。

「いぃーーっ、凄いこんなのが私の中に、想像しただけでいっちゃいそう」「真菜そんなの無理だろ、もう勘弁してくれ」「だめよもう戻れないあなたとの約束でしょ。」真菜さんのフェラでさらに大きくなったおちんちんを、ついに挿入。

 まずは後ろから。夫の方に手を突き、後ろからほかの男のものを咥え喘いでいる妻。その状況に興奮したご主人も、勃起したおちんちんを取り出し、自分でしごき始めた。ただ小さいとはいわないですが、確かに真菜さんには物足りないであろうものでした。

 私と真菜さんはバックから、騎上位へと進み、最後は正常位でフィニッシュしました。真菜さんは私の精液のすべてを口の中に飲み込みました。それでも衰えない私は、続けざまにもう1回、挿入し射精にまで持ち込みました。

 結果もちろん採用です。ご主人も納得し真菜さんも同じくでした。平日3日間は、みんなと同じ制服で同じように仕事をしてもらうことにしました。 ただ1回土曜日は一日例の制服で、誰もいない事務所で、好きなだけ私と真菜さんができるという契約にしました。

 ただ、ご主人と真菜さんの関係もなぜか以前よりうまくいっているということで、それはそれでいいことなのかと思うようにしています。この関係いつまで続けられるのか、楽しみで仕方ありません。


↓他のHな体験談を見る


この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人がおすすめする「出会い系サイト」です。異性との出会いは待っていても天から落ちてきません。自分が求める出会い種を検討してサイトに訪問して下さい! 又、登録は無料ですので全て登録して試すのも宜しいかと思います。管理人より良き出会いを願っています。(18禁)
PCMAX
サクラがいないサイトをお探しの方必見!会員数800万人突破!!
登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ワクワクメール
手軽に出会いやすい上にサクラゼロ♪

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ハッピーメールバナー ハッピーメール
理想の恋人、結婚相手をハピメで探そう!(18禁)

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり

.
.
.
.
.

 | Copyright © Hな告白や体験談ブログ All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.