.
.
.
.
.

★自分への褒美でデリヘル遊び・・1/2

女性のHな告白や体験・男性のHな告白や体験を集めて掲載しています。エロな告白や体験談も掲載!
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2017/03/07(火)
 倒産して半年くらいたった頃、再就職がめでたく決まった俺は、自分自身で祝いを兼ねてデリヘルで遊ぶことに。。ろくに顔写真も見ず、無指名でホテルで待つこと10分、こに現れたのは倒産した前の会社の同じ課にいた同僚で、まさに俺の高根の華だったY美。

 勤めていた当時は何度か誘ってみたものの見事に玉砕して、どうにもならないおれはY美をズリネタしていたものだった。向こうも俺に気が付いて、明らかに嫌な顔して「ごめんなさい、チェンジしてもらったほうがいいですよね」と早々に帰ろうとする。


* Y美の腕を引っ張り「まあ中に入りなよ」と強引に引きずり込んで「大変そうだね、なかなか再就職は難しいよね」と声をかけるも「あの私、ちょっと無理なんでチェンジしてもらっていいですか?」と半分パニックになってる。

 こんなチャンスはまずないと「選べるのはお客の方だよね?クレームつけたくないし俺、あまり時間もないんだよね」とチェンジはしない意向を漏らすと彼女は「Tさんが前から私のこと好意をよせてくれてたのはわかっていました。

 仕事中にいつも私のこと目で追っていたのも知ってます。でも私、あなたは生理的に無理なんです。だからお願いします。帰してください」と半ば泣きながら懇願してきた。(そうかおれのことそんなにキモかったんだ。そんなに俺のこと嫌いだったんだ)と思いながらも(そんなに嫌なら仕方ないか)と思うどころか(よし絶対にやってやる。思い切り感じさせてやる)

 と燃えに燃え「チェンジはしないよ。Y美さんの思ってたとおりです。俺ずっと君が好きで好きでたまらなかったし、こういうところで再会できたんだから、遠慮なく遊ばせてもらいます」ときっぱり。

 俺のこと冷たい視線で見ていたY美はそう言うおれの言葉をさえぎり「失礼します」とさっさとドアに向かって歩き出し「クレームつけるならどうぞ付けてください」と言い残して帰ろうとする。

「おれさ前の会社の人達とたまに会うんだよね。来週も会うことになっているんだ。ほらY美さんと仲良かったK美さんも来るよ。Y美さんがとても元気そうにしてたってみんなには言っておくね」と後姿に声をかけるとY美の顔色が変わり

「どういう意味?」「別にただ近況報告と思ってさ」「今日のこと言ったら、あなただってこういうところで遊んでることがばれるでしょ」「おれは男だからさ、別にどおってことないよ」しばらく沈黙のあと彼女・・

「汚い人」「ずるいね。私が嫌だって言ってるでしょ。身体が受け付けないの」「そうなんだ、でもY美さんが嫌でも、おれは嫌じゃないし」「ここで帰ったらみんなに言うんでしょ」「うん言うよ」(きっぱり)

 キッと俺を睨み付けて「絶対黙っててね。約束して!」と怒りながら自分の携帯で「今、部屋に入りました。終了したらまた連絡します」(よおし!)と心で踊る自分の気持ちを抑えながら「じゃあよろしくお願いしますね」と俺。

「いやあおれもね、ようやく再就職が決まってね。職種が同じなんでなんとか採用されたんだよね」と話しかけるも、興味ないといったそぶりで「先にシャワーします」とバスルームに消えていく

 でバスルームに消えていくY美を「ちょっと待って」と呼び止め「あのさもうプレイ時間に入っているし、いろいろしてもいいんだよね?」「え?」「だからさ身体とか触ったりしていいんだよね?」「ええ」

「じゃあごめんね、ちょっと服の上からごめんね」と一応断ってからおずおずと手を延ばして、弾力のある胸を両手で揉む。(やった!とうとうY美の胸に触れた!)「柔らかいね」(思わず声が上ずる俺)「・・」(明らかに嫌悪感丸出しのY美)

 執拗に胸を揉む俺に「もういいですか?シャワー浴びたいので」とこっちの返事を聞く前にそそくさとバスルームへ向かうY美。ふん、まあいいさ、これからじっくりと身体を堪能してやるからな、と楽しみを後回しに好きにさせてやる俺。

 しばらくしてシャワーを終え、バスタオルを身体に巻いて出てくるY美。ほのかに見える胸の谷間がたまらない。グッとこらえて俺もバスルームに。入れ違いでバスルームに入ると、湯気とともにY美が使っていたボディソープの香りが漂う。(ああ・・たった今ここでY美が全裸で身体を洗っていたんだ)

 そう思うだけで、もうチンポはギンギンどころかこれまでにないような硬さに。。わざわざ二つ用意してあるスポンジも当然、Y美が使ってた物を使う。急いでシャワーから出ると、Y美はバスタオルを巻いたまま途方にくれたようにソファに座っている。

 目の前で腰に巻いていたタオルを取って身体を拭きながら「お待たせ。何か飲む?」と声をかけるも「いえいりません。それより早く済ませていただけますか?」と目をそらし気味に小さな声で言うY美。

「そうだね時間もあることだしわかった。じゃあはじめようか」とY美と対面のソファにタオルを敷いてチンポ丸見え状態で腰掛ける。「Y美さんちょっと立ってみてくれる」「・・・」無言で言われたとおりにするY美。

「じゃあさタオル取って身体見せてよ」「・・・」「早く、Y美さんは風俗嬢でおれは客なんだよ。割り切った気持ちになりなよ」観念したかのように、ゆっくりとバスタオルをとって、手で乳房と股間を隠すように立つY美。

 無言でY美に近づいて、身体を隠してある手を取って脇に。あまりの見事な身体に声も出ない。(素晴らしい想像以上だ)お椀型のおっぱいに薄茶色の乳輪と乳首、くびれた腰。処理してなさそうな陰毛。

 どれを取っても俺にとっては芸術品だ。舐めるような目で整った顔立ちと身体を何度も見返す。恥ずかしさと触られるのも嫌であろう俺に身体を見られて、顔が紅潮しているY美。乳房をやんわりと揉みながら・乳首を摘むと「んんっ」とかわいらしい声を漏らす。

 その口をふさぐように唇を貪る。手ではねのけるように否むY美に「ディープキスはプレイのひとつだよね。。」と強引に舌を絡ませるように吸う。否み続けるY美に一度唇を離してから「ちゃんとプレイしてよ。お金もらっている以上、仕事でしょ。真面目にやってよ」と表向きは事務的に話すが、そうはいかない。

★自分への褒美でデリヘル遊び・・2/2へ続く


↓他のHな体験談を見る


この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人がおすすめする「出会い系サイト」です。異性との出会いは待っていても天から落ちてきません。自分が求める出会い種を検討してサイトに訪問して下さい! 又、登録は無料ですので全て登録して試すのも宜しいかと思います。管理人より良き出会いを願っています。(18禁)
PCMAX
サクラがいないサイトをお探しの方必見!会員数800万人突破!!
登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ワクワクメール
手軽に出会いやすい上にサクラゼロ♪

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ハッピーメールバナー ハッピーメール
理想の恋人、結婚相手をハピメで探そう!(18禁)

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり

.
.
.
.
.

 | Copyright © Hな告白や体験談ブログ All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.