女性から・・挿れてほしいです

 昨年の春、東京に転勤してから数ヵ月後、以前からいいなと思ってた、同じ会社の娘と二人で飲むチャンスをゲットした。その娘はややポチャで、芸能人で言えば水樹たまみたいな感じで、自分的には理想的な体型。

 整った顔立ちで、一言で言えば美形だと思う。ただ10歳近く離れてるので相手にされるとは思えず、1回飲みに行ければそれで満足のつもりだった。そんなワケで、一度飲みに行ったが、この時は何もなく、彼女の仕事の悩みをしっかり聞いてあげて終わった。



[PR]暇つぶし主婦急増中「ウラデジ」

 しかし、この時に話を聞いてあげたことと、励ましの言葉が心に響いたらしく、メールをやり取りする関係になった。3ヶ月ほど経って、また二人で飲もうと誘ったら、彼女が快諾してくれて、「もしかしたらいけるかも?」と淡い期待を抱きながら当日を迎えた。

 その日はあまり流行ってない居酒屋の個室。いろいろ話をしながら飲んでたが、意を決して彼女の手と髪を「きれいだね」とほめてみた。「私なんか」と言いながら、まんざらでもない様子だったので、店を出たあと、人通りが少ない路地へ誘い抱き締めてみた。

 彼女も俺の背中に手を回して離れない!これはイケる!と確信し、彼女の顎を持ち上げて軽くキスすると、彼女の方から濃厚なキスをしてきた!その流れで近くのラブホへ入り、再び長い長いディープキス。

 お互いに身体をまさぐりあいながら服を脱がしていくと、上下セットのちょっと高そうなブラとパンティ。その姿はまさしく水樹たま!脱がす前「普段と胸の感じが違うな(よせて上げてる)」と思っていたので、思わずガン見してると「今日はいつもみたいな適当な下着じゃいけないなと思ったので…」と恥ずかしそうに言ってきた!

 この一言でスイッチが入り、全身くまなくキスして優しく愛撫してやると、感じまくってこれだけでイキそうな声をあげてた。しかし、社内、しかも俺は妻子持ちということで「ホントにこのままヤッてしまって大丈夫か?」と余計な考えが浮かんでしまい、息子が元気にならない!

 トロトロになったアソコをなめたり指で優しく触ったりしながら、息子が元気になるのを待っていると、彼女が「挿れてほしいです…」と恥ずかしそうにしながらも何回も言ってくるので、再びスイッチが入り、ギンギンに。

 彼女が言うには学生以来10年ぶりというアソコをたっぷりと味わい、お互いに最高の時間を過ごした。以来、月に3回ほど、会社帰りや休日にデートして、お互いにねっとりしたセックスを楽しんでいる。


↓他のHな体験談を見る