ナンパも気をつけないと罰が

 今から10年ちょっと前、大学3年が終わった春休み、可愛い子をナンパしてた。栗山千明に似た髪の長い美少女をゲットしてラブホに連れ込んだ。こりゃあ、帰省中の恋人にバレて別れるって騒がれたらこの子に乗り換えようかなんて思ったくらいの超美少女で、でも、そんなふうに彼女を裏切るような気持ちを少しでも思ったのが罰当たりだった。

 見た目は大人びていたけど高3だった栗山千明に似たその美少女は、ラブホに入ると抱きついてキスしてきた。「ね、早くお風呂入ってエッチしようよ。」美少女の口から出た一言に、この子は少なくても処女ではないことを確信した。



 パパッと全裸になった彼女の裸体は完全に完成した女体で、発育途上のような俺の19歳の恋人の裸はまさしく○学生だったから対照的にイイ体だった。彼女は一緒に風呂に入ってきてチンポを洗ってくれた。それもパイズリで。その子、美人なだけでなくスタイルも良かったから尚更だった。

 彼女は恥らう素振りも見せずにベッドでガバッと足を広げた。露になったマンビラは茶色にめくれて、肛門はアナルセックスのしすぎなのか脱肛していた。どう見ても主婦並の荒淫マンコに見えた。相当遊んでる荒淫マンコに、俺は妊娠より病気が怖くなってコンドームしてハメた。

 いきなり腰を使われて、激しくチンポを膣内で暴れさせられて、折れるかと思うほどだった。「ヒィー、ヒイー、そこそこ、そうそう、アアッ!、イイ、イイ、ヒィィィーー」反応は人妻級で、淫乱この上なしだった。

 それでもかなりの美少女だったから、揺れる乳房と美形のヨガり顔を見ながら、美少女の体を愉しんだ。俺は完全に性欲処理だったから、自分勝手に先に射精させてもらった。

「あん、もう少しで逝けたのにい。」なんて言われた。そこで俺は尋ねてみた。「キミ、初体験っていつよ?」「え?それは教えられないかなー。でも、○学時代には先生とエッチしたり、近所のおじさんにSM仕込まれたり、色々してお小遣いもらってたよ。「それじゃ今日は2万円ね。」ええっ!金取るのかよっ!っても言えず、なんとなく怖いから素直に支払った小心者の俺だった。


↓他のHな体験談を見る