したくてしたくて仕方がありません

 50歳の主婦です。7歳年上の主人は糖尿病がひどく、10年ほど前から不能になってしまいました。でも私、どうも男性的な性欲があるようで、どうしてもしたくなってしまうのです。そうなったのは30半ばぐらいでしょうか。

 父は医師のせいか、主人の糖尿がひどくなった時、あけすけに「紘子はまだ若く性欲もあるはずだから、夫してそれなりに満たしてやってくれ」と言うのです。お父さん、恥ずかしいこと言わないでと思ったのですが、主人は、バイブやローターを買ってきて、私がしたくなるころを見計らい、ちゃんとイカシテくれるようになりました。



 でも、いくらバイブで気持ち良くなっても、どうしても生のおチンコを入れてほしいと思う時もありますし、思いっきりフェラしたいときもあるのです。そんなわけで8年ほど前だったか、出会い系で今の彼と知り合いました。

 主人以外には2人しか知らないので、比較対象は少ないのですが、彼のおチンコは太くて硬くて、もうそれは立派そのもの。入れてもらった時には、気持ちよさと感動のため、すぐに逝っちゃいました。

 フェラをするのが苦しいぐらいの太さ。でもその太さが堪らないですし、フェラの時、男性なのに、あん、あんと声を出してくれるので、長いときは30分ぐらいしてあげています。


↓他のHな体験談を見る