出会い系のメールで刺激をくれませんんか?

 某出会い系サイトに軽い気持ちでメッセージを載せたら何通か返事が来たんです。明らかにサクラっぽい人から援交目的の人まで様々いましたら、中に「30代後半のマンネリ中年夫婦です。刺激をくれませんんか?」という気になるメッセージがあったので返事を出したら、「会ってくれ」という流れになりました。

 待ち合わせ場所に行くと、夫婦は車で来ていて、そのままラブホテルに連れていかれました。部屋に入るなり、2人は裸になってSEXを始めたんです。ぼくは呆然として、しばらく様子を見ていたのですが、完全に2人の世界らしく、奥さんはずっと旦那さんのチンポをしゃぶっていました。



 困り果てた末に声をかけると「黙って見てろ」って怒鳴られてしまいました。どうやら見られているのがいいらしく、奥さんは「見て、チンポしゃぶってる顔を見て」といやらしい顔をしてぼくに言ってきました。 ぼくはスケベな顔をしている奥さんの顔をずっと見ていると、だんだん興奮してきてボッキしてきてしまいました。

 奥さんが「ああ、チンポ入れて~、チンポでかき回して~」と言うと旦那さんがバックで入れました。その時、ちょうど奥さんの顔がぼくの股間のすぐそばまで来て「ああ、あなたのチンポもしゃぶらせて」と言ったので、ズボンを脱ごうとしたら「いいから見てろ」って騎乗位に体位を変えたんです。

 ぼくはしょんぼりとしましたが、奥さんの方は相変わらずで「チンポいい、チンポチンポ、ああ、もう1本欲しいー」って叫んでいました。でも、旦那さんの方はそれを無視してずっと突きまくってるんです。

 もう悶々としてきて、さすがのぼくも見てるだけじゃガマンできなくなって、チンポを出してオナニーしたんです。それを見た奥さんは「ああ、チンポチンポ」って、ぼくのチンポに顔を近付けるのですが、舐めるところか触ろうともしないんです。しょうがなく自分でシコって奥さんの絶頂に合わせて顔に発射しました。

 旦那さんは、まだピストンしていましたが、奥さんは顔にかかったザーメンを指で集めて口に入れてベロベロと味わっていました。2人のSEXは長く、奥さんは何度もイッていたのですが、旦那さんはなかなかイキませんでした。結局、ぼくは2人のSEXを見ながらオナニーして、3発ほど奥さんの顔にかけました。

 1時間くらい突き続けて、やっと旦那さんが射精すると、奥さんは失神したようにぐったりしていて、ぼくの相手をする余裕もないという感じでした。旦那さんは、冷蔵庫から出したビールを一気に飲み干してから「付き合わせて悪かったな。これタクシー代だ」と言って、2万円渡されて部屋を追い出されました。

 こういう夫婦が本当にいるんだと思って、家に帰ってから思い出してまたオナニーしました。


↓他のHな体験談を見る