妻の本家に行った時の体験談

 夏が来る前、妻の家の本家で親族会議があった。妻のお父様は学校関係の仕事で行けない。仕方がないので名代として妻と出かける事になった。昼は結構きつい話し合いだったが、夜は和気藹々とした宴会になった。妻の体が欲しかったのでお酒は控えた。

 さて寝ようとして通された部屋はふすまで隣室と繋がっていた。これは性交の様子が隣に筒抜けだと思っていたら、お隣さんご夫婦はべろべろに酔って帰ってきた。これで性交しても解らないと妻は喜んだ。早速下着姿になると「さあ、どうぞ。」と誘ってきた。



 正常位で立て続けに3回イき果てた妻に精液を注入した。エロゲーの様に大量射精できるので出産で広くなった妻の膣もブピュと逆流液を吹いた。まだ精液を滴らして妻の愛液の糸を引く亀頭に愛情を感じた。突然隣室のふすまが10cm位開いて女の声が妻を呼んだ。

「はしたない女でごめんなさい。あなたの素晴らしいご主人を拝見致しました。どうぞ私を哀れと思ってお流れを頂きとう御座います。お情けをかけては頂けませんか?」夫の不倫慣れをしている妻は真剣な彼女の態度に打たれ、彼女を部屋に招きいれた。

 事情を聴くと彼女は53歳でまだ子宝に恵まれていないとの事だった。53歳ならもう避妊は要らないだろうと妻は生姦1発を許してくれた。フェラチオは嫌いだが妻と姉だけは別だ。妻の舌先でカチカチに怒張した陰茎を老婦人にズブリとさした。彼女の中は味わった事のないフワトロ名器だった。

 たえられず21cmの陰茎をボルチオまで深々とさして一発目を放った。妻には知られないように名器の味を楽しんで2発目も放った。彼女は満足して自室に下がった。翌朝隣室から「なんだこの臭いは?」「あらあなた昨夜酔って私を散々犯したじゃない。

 私はあなたの絶倫に惚れ直したわ。」「えっへっへそうだな。」という会話が聞こえてきた。やれやれと思っていたら先日彼女から「妊娠しました。帝王切開で産みます。」とメールが来た。ご主人は「俺は9回裏2死から逆転満塁ホームランを放った。」と得意なのだそうだ。

 妻はそのメールを見て「あなたの精液って量もすごいけれど女性を妊娠させる力も凄いのね。」とあきれ返った。ところで陰茎だが、本物の美女を年間千回以上も犯していると増大すると思う。陰茎にカチカチに勃起癖をつけるのだ。精一杯の怒張を繰り返しているうちに海綿体が増えサイズアップする。

 21cmと長く信じていた陰茎は妻や姉と性交を積み上げるうちに、代理妻が先日実測したら25cm弱に成長しカリがぐっと高くなっていた。今日も自転車で入院中の妻をこれから見舞いに行こうと思う。日が短くなった。晩夏を感じる。


↓他のHな体験談を見る