.
.
.
.
.

★女性の便秘治療は羞恥で心が折れます・・1/2

女性のHな告白や体験・男性のHな告白や体験を集めて掲載しています。エロな告白や体験談も掲載!
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2016/12/27(火)
 私はバカなことをしました。今、思い出しても後悔するばかりです。実は、今日、再び例の個人病院へ行って帰ってきたところなのです。最初に下痢で屈辱的な肛門診察を受けたのは2週間前でした。診察の結果は特に大きな異常はないということで、1週間分の整腸剤と下痢止めのお薬をいただいて帰りました。

 もう二度と来るまいと思いました。ただ、お薬のおかげで翌日には下痢もピタリととまり、水泳の競技会でも好成績をおさめることができました。そういった意味ではあの先生に感謝しています。しかし、困ったことに今度は便がでなくなってしまったのです。

* 普段から便秘がちな私でしたが、一週間に一度は必ず、便が出ていました。おそろしいことに二週間目の今日になっても便がでないのです。いままで、効いていたコーラックもお腹が痛くなるだけで便が出ないのです。さすがに体調も悪くなり、大学の講議を休み、病院へ行くことにしました。

 例の個人病院に対しては複雑な思いがあります。あれから何度か通学途中に車で病院を通り過ぎる機会がありましたが、そのたびに激しい動悸がし、身体の中心が火照るように熱くなるのです。今日はその病院に行く勇気がなく、大分離れたところにある大きな総合病院へ行きました。

 待ち合い室は座れないほど混雑しており、予約なしで受診した私は問診表に現在の症状を記入した後、3時間も待たされ、ようやく診察室に呼ばれました。先生は40台ぐらいの男の先生で私が先程書いた問診表に目を通した後、いくつか私に質問した後、

「下剤を出しておきますので、それを飲んでしばらく様子を見てください」と言って、診察も何もないまま、私の診療は終わりました。その間おそらく3分もかかっていなかったと思います。私の問題は何も解決されないまま、病院を後にしました。(会計や薬をもらうのにさらに1時間近く待たされました。)

 イライラしながら、車を運転して家に帰る途中、例の個人病院が目の前にせまって来ました。「どうしよう?、また診てもらおうかしら?」と思いがよぎりましたが、またどうしようもないぐらい身体のなかがあつくなり、通りすぎました。はじめて告白しますが、あのようなできごとにたいして期待もあったのです。

 私はUターンしました。しかし、どうしても病院の目の前にくると入る勇気がなく、また通り過ぎてしまいました。車を脇道に止め、動悸がおさまるのを待ち、意を決して再びUターンし病院の門を通過しました。

 駐車場には車が2台とまっているだけでした。おそらく職員のものでしょう。受け付けを済ますと5分もたたないうちに診察室に呼ばれました。診察室に入ると、あの先生と、あの看護師さんがいました。「その後、どうなりなした?」先生はやけに陽気な口調で話し掛けてきました。

 私は、おかげで下痢は治ったこと、しかし今は便秘で悩んでいることを手短に話しました。もちろんここに来る前に、総合病院でみてもらったことは内緒にしておきました。「それでは、おなかの診察をしますのでベッドに仰向けになってください」と言われ、ベッドに横になると、あの看護師さんにズボンのベルトをゆるめられ、腰骨の下までズボンとパンツを下げられました。

 そして診察の邪魔になりますのでということで、シャツをまくりあげるのと一緒にブラジャーも首筋のところまでまくりあげられ、乳房があらわにされました。(確かに、その後の超音波検査の際、ブラジャーは邪魔になるようです。)先生は私のお腹をポンポンとたたきながら、

「おなかに便がたくさんたまっている音ですね、超音波で確認してみましょう」といってお腹にゼリーをぬってしゃもじのへらを厚くしたようなものを私のお腹にあて、それを動かしながらテレビ画面を私にみせてくれました。

「ほら、ここうんちがいっぱいつまって腸が拡張しているでしょ」「看護師さん、摘便の準備して」私には、そのとき何をされるのかわかりませんでした。またあの時と同じの格好をさせられ、浣腸をし、トイレで排便するそんなことを想像していました。

 またそれくらいの覚悟はできていました。しかし今日経験したことは私の想像をはるかにこえるものでした。お腹の超音波検査を終え、身なりを整えて椅子に座ると先生が真剣な顔で話しだしました。「便秘をずいぶんとがまんしてしまったせいで、大変なことになっています。このまま放置すると腸閉塞になってしまう。」

「超音波の検査で腸全体に便の塊がみえます。直腸内にたまった便が硬く大きな塊なってしまい出口を塞いでしまっているためです。」「こういった場合、摘便といって、おしりの穴から指をいれ、直腸内にたまった硬い便を指でくずしながら外に掻き出す以外に、便を出す方法はありません」

「また、おなかの中にたまった便の排泄を促すために、おなかをマッサージしたり、便が出やすいような体位をいろいろをとってもらうことになります。」「かなり大変ですが、よろしいですか?」「・・・」私は頭の中がパニックになり、すぐに返事ができないでいました。

 すると横にいた看護師が「このまま苦しんでいるのは大変ですよ、先生の言われたとおり、とりかえしのつかなくなる前に、はやく出してもらって、スッキリして帰りましょうよ」と肩をやさしくたたかれました。

「じゅあ、はやくはじめましょう」という先生の声の言葉にうながされ、私は椅子からなかば強制的に立ち上がらせられました。「支度ができたらベッドに仰向けに横になって下さい」支度とは、どういうことことなのか私にはわかっていました。

 ジーンズとパンツを脱ぎ、Tシャツ一枚になり先生のいわれたとおりベッドに横になりました。「看護師さん、キシロカインゼリー多めに用意しといて」「じゃあ、いまから摘便をしますので、膝をできるだけ胸に近づけるようなかたちで自分の腕で抱え込んでください。」ここまできたら、もう後戻りはできない、言われたとおりにやるしかない、わかっていましたが、私は躊躇しました。

 というのは、まだなにもはじっまっていないのに濡れはじめていたからです。しかし躊躇している時間は与えられませんでした。私は意を決して両膝を抱え上げました。あの時と同じように、再び先生の目の前に私のすべてをさらけ出す格好になったのです。

 テラテラと光っている私の陰部をみて先生はどう思われたことでしょう?きっと淫乱な、変態女と看護師さんにも思われたことでしょう。このホームページを見ている方に言いたいのです、私は淫乱でも変態女でもありません。

 本当です。わかって下さい。「口を空けて、力を抜いて」そう言うと先生はゼリーを肛門の周囲にたっぷりと塗り指を入れはじめました。すべりを良くするためでしょうか、しばらくゼリーを指に付け足しながら指を出し入れしていました。

「痛かったら、言って下さいね」肛門がさらに押し広げられるのが感じられました。指が2本に増えたのです。さらに2本指で押し広げられたままゼリーが穴の中に注入されました。幸い、今回は痛みを感じないなと安心していた矢先「膿盆を準備して」と先生が言うのと同時に、先生は大きく手首をひねりました。

 お尻の中で便が掴みとられたのでしょう。直腸の壁が張り裂けるような鈍い緊張を感じながら指が引き抜かれました。私の目からはみえませんが、おそらくウンチの一部が取り出されたのでしょう。すでに、診察室の中には臭気が漂いはじめていました。

「こりゃ難産だ」そう言うと再び人差指と中指を肛門にいれ、直腸の中をこねくりまわしはじめました。刺激されるとどうしても腰が引けてしまい脚がさがってしまいます。腕も疲れてきました。途中からは自分で脚を抱えていることができなかったため、例の看護師にまた膝を押し広げられ、あそこも広がるようなかたちで摘便は進められました。

★女性の便秘治療は羞恥で心が折れます・・2/2へ続く

↓他のHな体験談を見る


この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人がおすすめする「出会い系サイト」です。異性との出会いは待っていても天から落ちてきません。自分が求める出会い種を検討してサイトに訪問して下さい! 又、登録は無料ですので全て登録して試すのも宜しいかと思います。管理人より良き出会いを願っています。(18禁)
PCMAX
サクラがいないサイトをお探しの方必見!会員数800万人突破!!
登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ワクワクメール
手軽に出会いやすい上にサクラゼロ♪

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ハッピーメールバナー ハッピーメール
理想の恋人、結婚相手をハピメで探そう!(18禁)

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり

.
.
.
.
.

 | Copyright © Hな告白や体験談ブログ All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.