痴漢なれしていても興奮した

 ひざ丈ワンピの裾から手を入れられてしまった。横に立ってたおじさまの手が前の部分にちょこちょこ電車の揺れに合わせて触れてたんだけど、慣れてる私は何事もないかのように黙ってて直に、おじさまの正面が私の体側に密着、さっきと別の手の指先がゆらゆら、時々コツン、コツン・・

 さっきの手はお尻の方でゆらゆら、時々ピトッ、ピトッ・・ガラスに映ってる車内の人はみんな違うほう向いてた。(それだけはちゃんと確認する私)すぐに前の指先が股間から離れず密着状態になってそっと押してきた。(キタキタ・・)



 ゆーっくり指の動きで、シフォンワンピの薄い生地と裏地が擦れる感触にドキドキ・・ちょっといい気分。ワンピの裾めくられるのが視線の下の方で見えてるけど、見えないふりでガラスの外を行き過ぎる灯りを見てる。

 レギンス越しにあそこを押された時、ガラスに当ててる私に指にもちょっと力がこもった。今日は五分丈のレギンスはいてたの。結局最後まで、レギンスの中まで手は入ってこなかったけどその上から割れ目の縦筋をずっとなぞられてた。

 じっくりと筋をこじるように、ほじるようにしてゆっくり、執拗に。ホント、憎らしいくらいゆっくりで、たまに敏感部分が弾かれてハッとして焦れてじれて、腰動いちゃいそうになるのを必死で我慢してた。ああ、興奮した。


↓他のHな体験談を見る