兄嫁のスケスケのシミューズに発情

 19歳の大学生の時に10上の兄嫁と関係して以来、兄嫁と不倫しています。きっかけは、兄夫婦が不妊治療のため上京した折、自分の下宿を拠点にしたこと、私は帰省する筈だったんだけど、高校時代から付き合っていた彼女が帰省せず。

 サークルの合宿と旅行の費用を稼ぐため、ずっとバイトすると言ったので、自分もそれに付き合ってバイトを続ける事にして、下宿を兄夫婦に提供し、自分は彼女のアパートへ転がり込んだんですが、私物などを持ち出すため、度々自分の下宿先へ戻っていました。



 一方、兄夫婦はずっと下宿に居たわけでは無く、兄だけが必要な時に上京し、兄嫁だけが、いつでも病院に行けるよう下宿に待機していたのでした。そしてある日、私物を取りに下宿へ行った所、兄嫁が一人で居たのですが、スケスケのシミューズにパンティを履いただけで、扇風機に当たっていました。

 安アパートでクーラーもあったけど、冷え性の兄嫁は扇風機を使っていたんです。乳首が丸見えで、パンティも小さなものでうっすらと縦筋も見えてました。そのドギマギ振りを兄嫁に笑われましたが、その後、兄嫁との会話などで、女の裸は初めてかから、彼女との付き合いやセックス経験などを話しました。

 そして気がついた時は、兄嫁と自分が全裸でチンポとマンコを舐めあってました。やがて騎乗位で下から兄嫁を突き上げ、最後は正常位で突きまくって膣内に発射、終わってキスしながら「あ~ぁ、しちゃったね」と兄嫁が言ったのが印象的でした。

 イチャイチャしているうち回復して、2回目はお願いして兄嫁の後ろから、兄嫁は「え~、恥ずかしぃ」とは言ったけど、入れると積極的に腰を動かした。結局その日は3回やり兄嫁も数回イキ、子宮にたっぷり精液を流し込みました。

[PR]ちょい火遊びデビュー人妻急増中「ウラデジ」

 その後も、週に2~3回兄嫁と自分の下宿で中出しのセックスをしていました。休みが終わり、兄嫁夫婦は田舎へ戻りましたが、大学の後期が始まってすぐの頃、兄から嫁が妊娠したと連絡がありました。


↓他のHな体験談を見る