.
.
.
.
.

★3回戦で身も心もスッキリ×2

女性のHな告白や体験・男性のHな告白や体験を集めて掲載しています。エロな告白や体験談も掲載!
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2016/10/18(火)
 どんな事をしてくれるのかすごく興味があったので、優しそうな書き込みの方にお願いしてみました、指定した場所でその方のクルマに乗り車内で少し雑談をして様子を見たところ危ない感じの人ではなさそうなので少し安心しました。それにちょっと私のタイプ、半分はその気で行ったので万一エッチな事になってもいいと思ってました。

 ホテルに入り早速シャワーを浴びてホテルの部屋着に着替えました、水着着用でいいと言われてましたがイタズラ心と半分見られたいという気持ちがあり、全裸に部屋着という格好です「お待たせしました」すでにベットには彼が持参して来た数枚のバスタオルが敷かれていました。
*「それでは早速マッサージさせてもらいますので、上着を脱いでうつ伏せになってください」私は「はい」とうなずき部屋着を脱いでうつ伏せになりました「あ!?」彼は私の格好を見て一瞬驚いたようでしたが、裸の私を隠すようにバスタオルを掛けマッサージをはじめました。

 足裏からふくらはぎ、太もも腰背中肩と丹念に時間を掛けてマッサージされ気持ち良さにボーとなっていると、今度は両足をくの字に持ち上げクロスさせお尻のところに押しつけるエビぞり状態にしてのストレッチ…すると自然にアソコが浮いて来て「あ…そんな格好にされたら見えちゃう…」さすがにその格好は恥ずかしすぎて、少しジュンとなってしまいました(やっぱり水着にすればよかったかな)

「パウダーマッサージをしますのでタオルを取ってもいいですか?」少し焦ったけど「はい」と言うと彼はバスタオルをはぎ取り全裸の私にパウダーマッサージを始めました。軽く触れる程度に手のひらを滑らせなにか妙な快感「どうですか?」「き、気持ちいいです」「オイルマッサージはどうします?」「はぁ…お、お願いします…」

 と言うと、彼は手にオイルをこすり付け肩から背中腰太ももふくらはぎ足首へとマッサージをつづけた「ヒップアップのマッサージをしますね」と言って残しておいたお尻のマッサージを始めました。

 やや強めに下から上にお尻を持ち上げる感じで時間を掛けてマッサージ、するとお尻を揉まれるたびにアソコから卑猥な音が…「あ!恥ずかしいです」「え、どうかしました?」彼は知らぬふりで揉み続けます…恥ずかしすぎて顔が熱くなって来たころ「仰向けになってください」「え!?あ…は、はい…。」

 今になって羞恥心がこみ上げて来た私は「恥ずかしいです」と言うと彼はバスタオルを取り両手で広げて目を背けた。そして仰向けになった私のカラダの上にバスタオルを掛けて隠してくれました。腕のマッサージから肩そして…太もものマッサージをされた時はドキドキでした。

 膝の上から徐々にに手が上にあがってきて、太ももの奥深く時々指先がアソコに触れる感じがして「あ!そこは…」なんて心の中でつぶやいていると「お疲れさまでした、他にマッサージしてほしい所とかありますか?」あまりの気持ち良さにボーとして「あ、大丈夫ですありがとうございました凄く気持ち良かったです」「そうですかそれは良かった」と彼は笑えんだ。

 その時なにを思ったのか私は思わず「あの…前はパウダーとかしてくれないのですか?」と言ってしまった「いいですよやりますね」と言って手を洗い戻って来た、私は「あの、やっぱり…」と言ってる間に彼は私からバスタオルをスッとはぎ取るとパウダーマッサージを始めた「恥ずかしかったら目を閉じててね」と言いながら足先から太ももを通過して下腹そして胸のふくらみへ手を滑らせます。

 そしてあの微妙な快感が敏感な所をかすめます「あぁ…」思わず声がもれてしまい「もう恥ずかしいです~」と手で顔を隠していると「恥ずかしいの?」「恥ずかしい…」「今度はオイルでしてあげるね」と全身オイルマッサージ、ヌルヌルした感触がカラダ中に伝わりオッパイを鷲掴みに揉まれたり乳首を指先でコリコリされて「ああ…あうっ」と大声で喘いでしまっていました。

 耳元で彼が「下はどんなかな?」と言ってもう力がなく抵抗できなくなっている私の両足を大きく開いて観察しはじめました「おお、凄いことになってるよ、もうグチョグチョだよ」「いやー見ないでー」「ここもマッサージしてあげるね」と言うとオイルをたっぷり付けて私のアソコをいじり始めました。

[PR]素人、女子大生、OL、人妻、熟女、看護師の出会いに[PR]

 すぐに卑猥な音がして来て「ここ凄い音してるよ、やらしいね~」「ダメーやめてー」その音はだんだん大きくなり早くなっていくと私の中に込み上げて来るものが…「ああぁぁ~」私は小刻みにカラダを震わせイッてしまいました。その後も執拗に責めたてられいつのまに用意したのか、バイブやローターで何度も何度もイカされモウロウとしている私の耳元で

「俺も気持ち良くなりたいな」と言って彼は自分のモノを私の顔に差し出してきました。私はソレ夢中でしゃぶりつき口の中で彼のモノが硬くなると「入れてもいい?」私は「コクッ」とうなずき彼を受け入れました。その後は3回挿入され数えきれないほどイカされ身も心もスッキリ最高の一日でした、また逢ってくれるそうです。

↓他のHな体験談を見る


この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人がおすすめする「出会い系サイト」です。異性との出会いは待っていても天から落ちてきません。自分が求める出会い種を検討してサイトに訪問して下さい! 又、登録は無料ですので全て登録して試すのも宜しいかと思います。管理人より良き出会いを願っています。(18禁)
PCMAX
サクラがいないサイトをお探しの方必見!会員数500万人突破!!
登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ワクワクメール
手軽に出会いやすい上にサクラゼロ♪

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ハッピーメールバナー ハッピーメール
理想の恋人、結婚相手をハピメで探そう!(18禁)

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり

.
.
.
.
.

 | Copyright © Hな告白や体験談ブログ All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.