★コンパニオン嬢の粋なはからい

-
ブログ管理人
 もう、だいぶ前ですがある会社で社員旅行が企画されました。都内に8営業所あり年中無休なので一同に集まるのは不可能で、一つづつ交代で実施する事に。酒が飲めない私は幹事に任命されました。女性事務員のいない、10人の小さい営業所です。マイクロバスの手配から旅館の予約、観光地の見学予定と慣れない幹事の仕事をこなし当日を迎えました。

 バスの中からみんな、飲み始め楽しい旅行となりました。旅館に到着し宴会が始まりました。コンパニオンを10人呼びました。当然宴席は乱れみんな好き放題、(限度はありますが)抱きついたり、胸を揉んだり。ソコソコやらせて上手く逃げているさすがプロのコンパニオンだな、と少し冷めた目で見ながら羨ましかったです。

 まだ、若いし酒も入っていないので私には出来ませんでした。二時間を回りそろそろ時間だなと思っていたら、リーダーらしきお姉さんが私に「みんな、二次会に行きたがっているんですけど、いいですか?」私は所長に耳打ちし許可をもらいました。もっとも一番エロく鼻の下を伸ばしていたのは所長でしたが。

 何人かに分かれカラオケや外の飲み屋に行ったようです。私は幹事の仕事に疲れ部屋で休む事を告げ後はよろしくと、コンパニオンのリーダーに頼み部屋へ戻り(幹事部屋と称しシングルの部屋を用意しておきました)風呂に入り直しました。風呂から上がろうかと立ち上がった。

 そこへ、ノックの音。(誰だ?みんな飲みに行ったはず)ビショ濡れのまま、タオルを腰に巻きドアを少し開け、はい、誰?」そこには先ほどのコンパニオンのリーダーが。(え!何かあったか?飲みすぎて倒れた?)「どうしました?何かありました?」「本日はありがとうございました。お礼に伺いました」と言うとスッと部屋に入ってきました。

「あっ、いやいいっすよ。お礼なんて。お互い仕事だし。」「いえいえ、今時なかなか延長もなくて、みんな喜んでいるんです。でも、さっきの席ではあまり幹事さんが楽しんでいらっしゃらなかったみたいなので、みんな女の子相手に良い事して楽しんでいらっしゃたのに、所長さんなんて私と踊った時、固くなってたんですよ(笑)」(スケベ所長!)

「そんないいですよ、オレ酒飲めねえし。シラフじゃあんな事出来ないでしょ?」「だからここなら誰もいないし、やりたい事出来るじゃない?みんなそれぞれカップルになっちゃったし、私は幹事さんの担当になりました!」と言いながらバスタオル一枚のオレに抱きついてきました。(いいのかなあ?ほんとに?)その後は美味しく頂きました。


↓他のHな体験談を見る


HOMEへ戻る
ブログ管理人
Posted byブログ管理人