★若い男性の付き人とのSEX話

 私は41歳で、付き人は21歳の若い男性です。日頃からセックスしたくて、下の方が、疼いていましたの・・付き人の「和幸」はきまじめな人で、つまりません。和幸を誘惑する事考えました。ちょうど今の季節の出来事です。

 二人共、浴衣姿で酒を飲みながら、川の流れのせせらぎを見ていたら、蛍が飛んでいました。酔った振りをして温い、お茶を浴衣の股の下にこぼしました。浴衣の下は、ノーパンです。熱くないのにわざと熱いと声を出しましたら、和幸が、どうしましたかと言って、タオルで浴衣の下を拭いてきました。




 裾が、捲くれて丸見え和幸が、驚いて逃げようとした手を押さえて割れ目に手を添えさせたのです。みるみるオチンチンが、大きくふくれ上がっていくのが分かりました。頭を抑えつけ髪の毛を引っ張るようにしながら割れ目を舐めさせました。今度は自ら、狂ったように舐め回してきました。

 私も感じてしまって喜びの声を出してしまいましたら、和幸が、パンツを脱いで、オチンチンを割れ目に宛がってきました。中に入れようとしているのですが、中々うまくいかないようなので少し腰をずらして上げたら、すんなり、オチンチンが、おまんちょの中に入ってきました。

 太くて長い、オチンチンが、奥まで入ってきて腰を動かしてきましたら、ひさびさのセックスに感じていましたら、精子が、割れ目の中に入ってきました。私は物足りなくて、外さないで其のままにしていなさいと言って足を和幸の足に絡みつけ抱きしめ舌を絡ませました。

 しばらくすると回復してきて、オチンチンは硬くなっていました。和幸は気持ち良さそうに気持ち良いよと囁きながら抱きついて腰を動かしてきました。私も気持ち良くて和幸の腰の動きに合わせていました。長く抱かれていたので、気持ち良くて、いかされてしまいました。

 其の後、和幸も割れ目の中に精子を出してきました。今では日照りも解消されうるわせていだたいております。


↓他のHな体験談を見る