.
.
.
.
.

★工事現場で働くタクマシイ体

女性のHな告白や体験・男性のHな告白や体験を集めて掲載しています。エロな告白や体験談も掲載!
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2016/09/04(日)
 35歳です。小学生の子供がいます。主人は出張が多く夜は一人きりになっています。付近は新興住宅街で夜になると人影はなくなります。最近、近所で工事が始まったのでいろんな車がいききするようになりました。

 ある朝、洗濯物を干してましたら、駐車している車の中から工事服をきた男性がこちらをみているのに気づき、怖くなりました。その男が後に私を狂わせることになるのです。平日のある日、子供達は学校に行き、10時頃だったかインターホンがなりました。つい癖で誰ともしらず玄関扉を開けてしまいました。
* 開けてハッとしました。先日こちらを見ていた工事服の男だったのです。慣れた感じですばやく屋内に入り玄関戸を閉められました。すぐナイフで脅され「寝室に案内しろ」と。あまりの恐怖ですぐに案内してしまい。「奥さんを傷つけることはしない。だからセックスさせろ」と耳元でささやかれベッドに投げられました。

 私は身長165センチあるのですが、簡単に投げられてしまいましたのでかなりの力持ちでした。それにびっくりする間もなく男が飛び掛ってきました。必死に抵抗しましたがやはり怪力でした。観念したとたん男が「たのしもうや」と耳元でささやかれ「あなたごめんなさい・・」が頭の中をぐるぐるして。

 ゆっくりと服を全て脱がされましたがブラとパンツは残されていました。頭は混乱してただただ男に抱かれるのを待つしかなく布団を被っていました。男はカーテンを閉め、作業着を脱ぎ始め、パンツ1枚になったことろで寝室の小さな椅子に座り「こちらをみな」と。
こわごわ見るとそこには「!!!」主人の2倍もありそうな男性のシンボルがパンツの上から飛び出ていました。

 黒く太くてそそり立っていました。主人とのエッチはきらいではありませんが、こなすだけの夫婦の営みとなっていましたので主人が中に入って果てるだけのエッチでした。「あー・・大きい。」とたんに雌になってしまったかもしれません。

 名もしらない初めての男のシンボルにあまりの興奮を覚え、下半身が濡れていくのがわかりました。男がこちらにきました。覚悟を決めたというより正直シンボルを触りたい・・。男の無骨なキスについに下を絡めて。「あなた ごめんなさい・・」もう覚悟を決めました。

 男の背中に手を廻し、足をからめてしまい「これからだよ」と言われ「うん」とうなずいた瞬間雌のスイッチがはいり、自分からブラとパンツを脱いでしまいました。濃厚なディープキス、69、希望していたシンボルを丹念に舐め上げ舐め上げ。もう我慢も限界。

「奥さんそろそろ入れてもいいか?」思えばこれはレイプです。名もしらない工事の男。そんなことは頭になく「入れて」と主人には口にしないことを言ってしまいました。「!!!」もう駄目でした。こんな快感があっただなんで。

 男はゆっくりゆっくりシンボルを私の中にいれたりだしたり。「あー・・」とろけそうでした。夢中で男にキスを求め背中に腕を。男は私が2回目の逝くタイミングを合わせて私の胸に果てました。その後、ディープキスを何回も重ね恋人同士のような時間でした。

 男は名も言わず帰りました。次の日から頭の中には工事服の男のことばかり。犯されたのにその男を愛している自分がいたのです。3日後だったと思います。またその男が現れ、すぐラブホテルに行き何回も何回も愛し合ってしまったのです。

 あまりの快感で「中で・・」とお願いしてしまいもちろん安全日だったのですが、その名もしらない男と完全に愛し合ってしまったのでした。それからもう2年がたちますが、いまだに断ち切れずその男の友人と3人で愛を確かめ合っています。

↓他のHな体験談を見る


この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人がおすすめする「出会い系サイト」です。異性との出会いは待っていても天から落ちてきません。自分が求める出会い種を検討してサイトに訪問して下さい! 又、登録は無料ですので全て登録して試すのも宜しいかと思います。管理人より良き出会いを願っています。(18禁)
PCMAX
サクラがいないサイトをお探しの方必見!会員数500万人突破!!
登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ワクワクメール
手軽に出会いやすい上にサクラゼロ♪

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ハッピーメールバナー ハッピーメール
理想の恋人、結婚相手をハピメで探そう!(18禁)

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり

.
.
.
.
.

 | Copyright © Hな告白や体験談ブログ All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.