彼のクリニングスで悦楽

 いつの頃か主人のべニスが大嫌いになっていました。二日にいっべん、私の体を求めてくる主人は、三こすり半の早漏で、一分とたたないうちにイッてしまうのです。

【人妻NET】夫に不満な人妻達が貴方の愛を求めてる!

 それならそれなりに前戯に時間をかけてくれれはいいのですが、主人は自分のべニスは私にフェラチオさせるくせに、私のオマンコは汚いといって舐めてくれません。

 そして、イク時も黙ってイクのです。結婚前に付き合っていた彼氏は、イク時になると、

「おっ、くっ、いくいくいくいく、明子、いく、いくよいくゥ」

 なんて叫んで私をソノ気にさせたものなのに、主人たらただだんまり。ウッ! とうなったかと思うと、サッとぬいて、私のお腹のあたりにドビッドピッとザーメンをぶちまけるのです。

 そして、それをティッシュでふいてむくれません。こんな夫婦のSEXってあるでしょうか。これではただ 排泄行為でほありませんか。そんな毎日が続いて、私が不倫するのは、チャンスさえあれば時間の問題だったのです。

 彼は、私が以前勤めていた会社の先輩でした。その彼からいきなり電話があったのです。

 私がやっていた仕事を整理し直すということで、ちょっと聞きたいことがあるとのことでした。そして、全てはその電話から始まったんです。最初は私の方から誘いました。

 一回日のデートはお酒を飲んだだけ。そして二回目のデートも私から誘って、二人の間に‥熱いものが感じられました。でも、その日も映画を見て別れただけ。そして、三回日に彼の方から電話があったんです。平日午後の昼下がりに電話は鳴りました。

 「ねえ、今からどぉ? 今日会えない?」
 「あっ、でも今日は主人がいるから、ダメよ」

「あっなるほど……じやあ今すぐはどお? 夕方までなら大丈夫だろ」
「ウーン、そうね。いいわ、すぐに行く」

 私はなんとなくピーンときたのでした。彼はその気でいる。きっと今日は一線を越えるに違いないと……。その予感は的中しました。彼は私をラブホテルに誘ったのです。しかも真っ昼間に、主人が帰ってくる間だけのデートでした。

 「まさかキミが不倫するような女だとほ思わなかったよ」

 と、彼はラブホテルの部屋に入りながら言いました。私はそんなことはどうでもいいから、早く抱いて欲しかったんです。たから私の方から彼にしがみつきました。

 「ねえ、して、して」

 私はそう言って、彼と一緒にベッドに倒れ込み、バタバタやりながら服を脱ぎまくりました。そして、次の瞬間には彼のぺニスを口に唾え、しごきたてていたんです。まだシャワーも浴びていない、そのままの彼のものをです。

 「あっ、うっ」

 彼は腰を浮かせてそう嘆きました。そして私を上にしてシックスナインになると、アソコを舐め回してきたんです。

 「あっ、いや、ああっ いい、いや、か、感じちゃううう」

 私は腰をよじって悶えてしまいました。主人が絶対してくれないクンニングスを、彼は実にたんねんにやってくれたんです。こちょこ入ってくると、もう気が狂いそうなぐらい感じてしまいました。

 「あっ、あっ、あっ、い、いい、いい、もうもうもう、ダメ、イク、イキそう」

 クンニがこんなに感じるなんて初めて知りました。私は腰をメチャメチャに振って、浮かしたり沈めたりしました。そうするうちに、私はあお向けに寝かされ、お尻を彼にしっかり抱えられました。

 今度は彼が上のシックスナインでした。そして、お尻の穴やクリトリスや、ピラビラを刺赦され、私はヒイヒイ叫んで、彼の体にしがみついていったんです。

「もうもうもう、もうイヤ、もうイヤ、どうにかして頂だい。イク、イク、イキそう。このままじゃイヤぁ」

、中途半端な絶頂感がひしひしとわき上がって、私はそのまま失神してしまいそうでした。そして次の瞬間、彼のものがズズン! と入ってきたのでした。

「あーっ、もうもう、イク、イクぅ」

 入れられただけなのに、こんなにイクなんてすごいと思いました。きっと、前戯がすごかったからでしょう。しかも、彼ったらその上、突き始めるんだもの……。

 私は彼の体にがっちりとしがみついて、腰を振りまくって、彼のザーメンを体いっぱいに浴びて気を失ってしまったのです。



↓他のHな体験談を見る



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ