.
.
.
.
.

★誘うお隣の熟女について行きSEX

女性のHな告白や体験・男性のHな告白や体験を集めて掲載しています。エロな告白や体験談も掲載!
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2016/08/22(月)
 僕のマンションは郊外の8階建てのマンションで、僕も銀座の会社に行くのに1時間30分は掛かるのです。今年の夏休みは、ママが子供のテニス教室に日光の霧降高原に10日間出掛けて、僕は一人で留守番をしていました。

 夕食は面倒なので、近くの安いスナックのオンナと出来ているので、そこのアパーとに出掛けて夜食を食べてそのあとに、マンコを済ませました。ママには内緒ですが、コレは2年前から続いていて、28歳の彼女は僕の下で蠢き続けます。
* でも夜はOLの仕事を終えて週に3日は、スナックで働いているので、週には2度位しか会えません。でも僕のチンポに惚れていて、時間にして約1時間半は攻めるので、もう他の人とは寝られないようです。薄い壁なので隣の人に、どんどんと壁を叩かれますが・・、

 所で、昨日は彼女は仕事でいないので、仕方なくコンビニでお酒と弁当を買って帰る途中で、お隣の50歳ぐらいの奥様に声を掛けられました。「あらっ、今は奥様と子供さんはいないのですか?」と袋を見かけて皮肉を言われたのです。

 この奥様は年齢の割には、オッパイがでかくて、突き出ているのです。ジロジロと胸元を見詰めていると「うちの主人も出張でいないから、我が家に来ません?」この家は子どもがいないのです。おかずを摘みながら、缶ビールとお酒を飲んでいると、横座りの奥様がスカートの裾を捲り、太腿が丸見えなんです。

 その上にタンクトップに着替えて、胸の谷間が丸見えで乳房も見えました。次第に横座りが崩れて横に来て「アナタの家のSEXは大声を上げてされるから、私はいつも悶々として布団の中でアソコを触って、自慰行為をしてるのよ、主人ったらぐうぐう寝ていてて、どうしようも無いのよ・・。貴方のってデカそうね~~、奥様の善がり声は半端じゃないモノね・・・」と側に来て遂にズボンのチャックを下げて、肉棒を取り出して舐めだしました。

「奥さんまだ汚いから、止めて下さいよ~~」と叫ぶのに、スカートを脱ぐとソコは陰毛が丸見えで割れ目も見えるのでした。手を引かれてマンコを触るともうすでにヌレ濡れで、びっしょりと濡れて気分を出して僕のチンポを舐めて、茎を上下にさせて挿入をせがむのでした。

「もう子供は中だししても出来ないから、思い切り中に射精をしてよ・・」と太腿を広げるとまさにジャングルみたいな、森の陰毛で隠れていました。でもそこを割ると土留め色のマンコが丸見えで、中は真っ赤な淫肉が左右に広がり、僕のチンポを求めて蠢いていました。

「じゃぁ良いんですね・・?」と左右に割り伸し掛かると、ぐにょ~~っと割れて一気に膣奥まで貫通しました。「アナタのデカマラは最高ね~~、主人の倍はありそうよ・・、いったい何㎝あるの?」先日愛人に計らせたら、約18.5㎝でした。

 それよりも亀頭のデカさが問題で、昔はソープランドで”松茸チンポ”と驚かれて、専門の女性を数回に渡りイカセテ「今度からただでも良いから来て~~」と、30歳頃はよく言われました。

 この奥様も挿入と同時に最初のアクメに達して「イクヨ~~、イクワァ~。イクイクイクイク~~」とすぐにオルガスムスに達して目を白黒に、上の空で彷徨っておりました。僕は緩いマンコにそう簡単にはイケず、膣に挿入したままでもう一度ピストンを繰り返して、奥さんは3回も逝く有様でした。

「何で中に出さないの?」緩いからと言えず「僕は遅漏なんです、だから2時間は平気で出来ますよ・・」というと「ワタシともっとしてほしいわ~~~。お金出しても良いから・・」と何時までも離さずにペニスを舐め続けるのでした。

↓他のHな体験談を見る


この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人がおすすめする「出会い系サイト」です。異性との出会いは待っていても天から落ちてきません。自分が求める出会い種を検討してサイトに訪問して下さい! 又、登録は無料ですので全て登録して試すのも宜しいかと思います。管理人より良き出会いを願っています。(18禁)
PCMAX
サクラがいないサイトをお探しの方必見!会員数500万人突破!!
登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ワクワクメール
手軽に出会いやすい上にサクラゼロ♪

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ハッピーメールバナー ハッピーメール
理想の恋人、結婚相手をハピメで探そう!(18禁)

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり

.
.
.
.
.

 | Copyright © Hな告白や体験談ブログ All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.