テニスコーチとのSEX

 暇に任せてテニスを習いはじめて三ヵ月。テニスの面白さもさることながら、思いがけず私の心を捉えたのはインストラクターのK・Sでした。K・Sは、私より三つ年下の二十七歳。いま売れているTVタレントに似た、さわやかな容姿が、私たち生徒のあいだでも人気でした。


【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

(Sったら、私には親切だわ。ううん、私、べつにしょっているわけじゃない。絶対、彼は私に気があるにちがいない!)

 実際、K・Sは他の奥さま方より私を丁寧に指導してくれました。そのことで、彼女たちからやっかみ半分の冷やかしを受けるのもしはしばだったのです。

 夏になり、夏期特別個人レッスンという時間がもうけられることになりました。規定のレッスン外に、インストラクターの個人指導が受けられるというものです。早速、私もK・Sの個人レッスンに申し込むことにしました。

 私に振り当てられた時間は、夕方の六時から七時。他のレッスンが終了した時間です。このとき、私は太阻な企みを抱いていました。レッスン当日、私はたっぶり一時間のあいだK・Sの指導を受けました。さあ、そのあとです、私が企みを行動に移したのは…

 「S先生、済みませんけど、更衣室に来て下さい。シャワーの調子がおかしいんです」

 バスタオルを1牧巻いた姿で、私は男子更衣室にいたK・Sを呼びつけました。私の姿を見て彼はギョッとしたようですが、

 「別に、調子が悪い様子はありませんがね。ほら、ちゃんと出ているじゃないですか」

 すぐに、ニャニャとシャワーをいじりはじめたのです。もちろん、シャワーは壊れてなどいません。
 
 「奥さん、僕をからかってますね」
 「ふふっ、からかってなんかいないわ。キッカケを掴みたかっただけよ」

 以心伝心といった感じで、K・Sが舌舐めずりしながら私に近づいてきました。彼が私にキスしたとたん、私はバッとバスタオルを床に落とし誘惑したのです。

 「大胆だな、こんなところで僕を誘うなんて……。大人しい顔をして、人妻は恐ろしいね」
 「うふン。先生がなかなか誘ってくれないからいけないのよ。でも、ちょっぴり刺戟的じゃない?」

 「確かに。夜の更衣室……。ゾクゾクするね」

 シャワー室がひとつと、あとはロッカーだけの更衣室です。ベッドの代わりになるものは、コンクリートの床しかありません。コンクリートのベッドに押し倒されながら、私は早くも大きく囁いでいました。

 初めての不倫は、私の下腹を異常なほどに燃え上がらせていたのです

 「ああっ、そ、そこ、そこがいいわ!」

 いきなり、K・Sは私のおまんこに指を沈めてきました。私のそこはすっかり濡れそばち、ヨーグルトのような状態になっていたのです。

「ここですか? 奥さんのクリトリスは大きいな。どうりで助平なはずだ」
「いやン、助平だなんて。私、こんなことするの初めてなんだから」

 言いながら、私はどんどん不倫のSEXに溺れていきました。これでもかというほどK・Sは私のおまんこをを掻き回し、またたく間に私をのっぴきならないところへ追い詰めていったのです。

「僕のも握って、奥さん。もうギンギンでしょう?」
「あはっ、大きいわ! すごく嬉しいあなたって甘い顔しているのに、立派なものを持ってるのねえ」

 K・Sのものを握ると、いよいよ私の中の性情は燃えたぎりました。欲しい、この太いものを早くカラダの中に納めたい……。もう、私は一秒も我慢できませんでした。

「挿入てっ! 早く挿入て、来てっ……」

 私は、やみくもに握ったペニスを下腹へ導いていました。膣ロが熱く潤い開いて、いとも簡単にペニスを呑み込んでしまったのです。

「ううっ、強引だな、奥さんは……。しかし、具合がいいな。なかなかの名器ですよ」
「ああーー、動いて! もっと激しく動いてェ! いいの、いいのよ! どうにかなってしまいそうっ……」

 私、狂乱しました。夫とのマンネリ化したセックスと比べ、何と快いことでしょう。やはり、いいセックスには刺戦が必要なのです。久しぶりに、私ほ胸のすくような快感を貪っていました。

「あうっ……僕はもうダメだー・洩らしてしまいそうですよ!」
「私も、私もよ! いくわ、もうすぐいくわ! いっしょに、いっしょに……ああ-っ!」

 気がつくと、私は天と地とが逆さになってしまいそうなアクメの果てに吹き飛ばされていました。つづけて、若いザーメンを思うさまおまんこに浴びていたのです。



↓他のHな体験談を見る



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ