異動された社長秘書での体験談

 中小企業の社長室で勤務している26歳です。社内の別部署に彼氏が居て、結婚も考えています。社長は50歳代で、前の秘書さんが辞めた去年の秋から私は社長室勤務になりました。社長はワンマンで社員さんたちには恐れられていて、社長室に入ってくる社員はほとんどいません。

 異動の次の日のことです。私の職務は電話番でした。ふと違和感を感じて社長をみると自分のモノを出して自慰行為をしているのです。私は驚いて声も出せずにいると、社長はわざと私に気付かせるように「あっ・・イク」って言いながらデスクの上に果てたのです。


【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 私はドキドキしていると「レイちゃん、後始末しといてね」と言うと、事務室に行き、直後に大声で部下を叱責していました。私は恐ろしくて、サッと社長の精液をティッシュで拭きとると何食わぬ顔で電話番業務につきました。

 そんな日が何日も続いたある日、社長が「レイちゃん、僕オナニー見られると興奮するんだ」と言いながら、私の方を見て自らを慰め、すぐに射精しました。「僕は絶対に君に触れたりしないから、これからもこれで我慢してくれないか」と私に20万円を手渡したのです。

 正直、触られたりしなければいいかって安易な気持ちでそのお金を受け取ってしまいました。断れば彼と同じ今の仕事を辞めさせられるとも思いました。社長は社員さんには「鬼」と恐れられていましたが、私にはとても優しく接してくれていました。

 でも、お金を受け取った次の日から、社長は今までのように自慰行為を見るだけでは許してくれなくなったのです。「レイちゃん、乳首舐めてくれない?」とか「あぁ、出る。受けて・・手で受けて」とか、時には顔に射精されることもありました。フェラも要求されました。

素人、神待ち、OLさんも登録しています「PCMAX」

 私は何度も社長に止めてくれるようにお願いしましたが「手は出してないよね?お金受け取ったよね?彼はこんなことやってるって知ってるのかな?」と半ば脅すように言うのです。彼にいう事も出来ないまま、10か月間、毎日私は社長の乳首を舐め、モノを咥えて精液を受け続けています。


↓他のHな体験談を見る