.
.
.
.
.

★一番おいしかった居酒屋の出会い・・1/2

女性のHな告白や体験・男性のHな告白や体験を集めて掲載しています。エロな告白や体験談も掲載!
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2016/07/28(木)
 今まで一番、おいしかった、また、一番興奮したHの話を投稿します。私は、仕事が終わって飲みに行くときにはいつも一度自宅に帰ってから出るのですが、あの日はなんか帰るのが面倒でスーツ姿のまま行きました。腹も減っていたしとりあえずよくいく居酒屋へ急ぎました。

 車を止め、中へ入って行くと混んでいて座るところと探すと、カウンターの端の方から2つ目が1人分だけ空いています。そこへ座ると隣の席のジャージ姿の若い女の子(後から20歳とわかる。)が「あっ!」と小さい声をあげこちらを見ました。
* その子に「ここまずかったかな?誰か座ってるの?」と聞くと「友達が来るはずなんだけど来ないから座ってもいいですよ、どうぞ!」と言ってくれました。で、それからしばらくその子をそれをきっかけにいろいろ話していました。

 そのときはまさかあんなことになろうとは思わず、まあこの子の飲み代くらいおごってあげてもいいか位に思っていたのです。30分もたったでしょうか、彼女が「おにいさん、実は私をナンパするつもりでここに座ったんでしょう?」すこし酔いのまわった彼女、ナナちゃんは笑いかけてきました。

 私は「俺ね、おっぱい星人だから、ナナちゃんみたいなあんまり大きくない子には声かけないよ。」とこちらも笑いながらいうと「私の友達は大きいよ。」「ここに来るはずの子なんだ。そんなにおにいさんがおっぱいが大きい子が好きなら呼ぼうか?」私は二つ返事で「うん!呼んで」ナナはジャ−ジのポッケから携帯を取り出すとかけました。

「ちょっとマユミなにやってんのよ。今ね、ほなみにいるから来てよ。」少しすると私の隣のオヤジ2人づれが席をたちました。それから15分くらいでマユミちゃんが来ました。ナナちゃんの言葉に嘘はなく、マユミちゃんもジャージでしたが、十分に大きいのはわかります。

「こういう巨乳を後ろからズコズコやったら気持ちいいんだよなあ。」と勝手なことを考えてました。私を挟んで二人の20歳娘といろいろHな話も入れながらそれから1時間くらい飲みました。

 ナナちゃんが「おにいさん、うちらのアパートねえ、けっこうここから近いけど、うちのアパート来て飲む?」と聞いてきたので「うん、行く行く。」飲み代を払い、途中のコンビニ兼酒屋でビールとウィスキーやつまみをかい、ナナちゃんたちのアパートへ向かいました。7〜8分も歩くとつきました。

 部屋は6畳二間でそこをしきってあるふすまをとって12畳にしてある部屋です。そこでまた、3人で飲み始めました。ナナちゃんが私のとなりに座り、マユミちゃんは向かいに座りました。ナナちゃんが「ねーねー、酔っちゃった。おにいさん、よりかかっていい?」といって寄りかかってきました。

 目が合うと「私ね、酔うとキス魔のなの。」そういってナナちゃんはキスしてきました。こうなるとこちらも止まりません。舌をいれ、ディープキス。つい手はおっぱいへ。小さいみたいけど結構あるじゃん。とか思っているとマユミちゃんが都合悪そうに「私、シャワー浴びてくるね。」と言ってバスルームに消えました。

 マユミちゃんもいなくってナナちゃんは股間をさすって来ます。ついに押し倒しジャージを脱がせ、生乳首を指でころがしてやります。「ああ〜〜ん」もうナナちゃんは声が出ます。「聞こえちゃうよ、マユミちゃんに」「いいの、もういいから、もっと!」ということで更にエスカレート。ジャージの下を脱がせ彼女の股間へ手を伸ばすとぐちょぐちょです。

 指をいれてあげるともっと大きな声であえぎます。きっとマユミちゃんには聞こえてるでしょう。彼女が私を脱がせにかかります。上着、ネクタイ、Yシャツそしてズボン。どんどんはぎ取られます。もう、チンポはぴんぴん。トランクスは綿なのでぱんぱんにテントを張っています。

 彼女はゆっくりおろすとそこへチンポがぼろんと出ました。彼女は宝物でもみつけたような目つきでめが輝いていました。何も言わず、カポ。チョポカポチュポ。若いけど壺を心得たシャブリ方です。すごい気持ちいい。1・2分もフェラしていて彼女が舌でえらの周りをすーっとなめてくれていたときです。

 後ろのほうでガチャという戸の音がしました。バスタオルを巻いたマユミちゃんがちょっと呆然!という感じで立ちつくしていました。気づいているはずのナナちゃんはかまわずチンポシャブリに一生懸命です。私はマユミちゃんを手招きしました。彼女がゆっくり歩いてきました。ナナちゃんはかまわずフェラしています。

 マユミちゃんをそばに座らせ立ち膝にさせ、少し股を開かせ、手を差し入れるともう、ぐっちょぐちょでした。きっと彼女は、私とナナちゃんの「じゃれあい」をおかずにバスルームでオナっていたに違いありません。キスしながら、指でオま●こを開き、濡れたクリの皮むいてこすこすしてあげました。

 ううーーん!とマユミちゃんが感じて動いたために巻いたバスタオルがはらりと落ちました。ぼろっというかぷるんというかそんな感じでその巨大なバストが出現しました。気がついた時には私はその巨大な乳にむしゃぶりついていました。

 マユミちゃんに「おおきいねー。何カップ?」と聞くと「Gカップ、112cm」と教えてくれました。そのGカップと112という数字に更に興奮しました。そうだ、せっかくだからWフェラしてもらおうと「マユミちゃんもふぇらしてよ。」というと彼女も股間へ頭を向けました。

 ナナちゃんとマユミちゃんのWフェラです。ナナちゃんが袋と竿を、マユミちゃんがかり首周りをなめてくれています。ああ念願のwフェラだあ。と私は感動していました。ナナちゃんのフェラは本当にうまく気持ちいいのですが、マユミちゃんはそれより一生懸命ってかんじでそれがまたいいんです。

 違う2つの味の快感が私を襲います。Wフェラに感動していると興奮してチンポがぴくぴくと動きます。マユミちゃんが「おにいさん、もう出そう?」と聞くのでまだまだと言いたいところだけど、二人ともうまいからもうでそうだよ。というと「あたし男の人がだすとこまだみたことないんだ。このままして出して見せてよ。」といいます。

 ナナちゃんが「いいこと思いついた!」というが早いかそのまま、立ち上がると押入をあけると袋とバスタオルをもってきました。「お兄さん、ちょっとお尻あげて!」という私の下にバスタオルをしきました。そして「じゃーん、これは何でしょう?」とローションの瓶を取り出しました。

 ナナちゃん、いいもの持ってるね。と袋の中を覗くとバイブやらレズ用の二股バイブ、アナル用バイブなんかが入っていました。「こいつら、スゲーエロ女だ。」と思いました。ナナちゃんがチンポにローションを塗り、しごくといったんしぼんだチンポはまた、その冷たさとぬるぬる感に感じてまた反り返ってきます。

 マユミちゃんがイク頃になったら言ってねと微笑みながら加えます。ナナちゃんは睾丸をくわえながら、舌で竿をなめてきます。くぅー気持ちいい。最高だ!幸せな気持ちになるなあ。そのうち、おしりの穴がむずむずします。ナナちゃんがアナルを攻めているのです。これも気持ちいい。快感が倍になった感じがします。

「どう、おにいさん気持ちいい?」「うん気持ちいいよ。もっとやって」ナナちゃんはにっこり微笑みながら、私のアナルに指をすこし入れて、出し入れします。くぅーー気持ちいい。マユミちゃん、もうすぐでそうだよ。もっとはやくちゅぱちゅぱしてそういうと、フィニッシュを感じたのかマユミちゃんはちゅぱちゅぱを早めます。

 ナナちゃんは今度は舌をアナルの中に入れてきました。1、2分したでしょうか、もはや我慢の限界です。「でそうだよ。」というとマユミちゃんは口をはなししごきます。ピュウピュッピューー!!思いっきり放出しました。

★一番おいしかった居酒屋の出会い・・2/2へ続く

↓他のHな体験談を見る


この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人がおすすめする「出会い系サイト」です。異性との出会いは待っていても天から落ちてきません。自分が求める出会い種を検討してサイトに訪問して下さい! 又、登録は無料ですので全て登録して試すのも宜しいかと思います。管理人より良き出会いを願っています。(18禁)
PCMAX
サクラがいないサイトをお探しの方必見!会員数500万人突破!!
登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ワクワクメール
手軽に出会いやすい上にサクラゼロ♪

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり
ハッピーメールバナー ハッピーメール
理想の恋人、結婚相手をハピメで探そう!(18禁)

登録無料・音声ガイダンスでの確認あり

.
.
.
.
.

 | Copyright © Hな告白や体験談ブログ All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.